写真家 小松健一・オフィシャルサイト / Photographer Kenichi - Komatsu Official Website

沖縄の最近のブログ記事

 

s-SDIM1444.jpg

定価:1430円(税込)ページ:112頁 サイズ:210X150mm 1971年から1972年にかけてカラーとモノクロフィルムで撮影した宮古島・島尻の秘祭ウヤガンの貴重な記録。この神祀は1990年代には中断しているという。彼は手紙の中で「数日の絶食にもかかわらず、強風の吹き荒れる中、延々とスサを謡い続け、そのなかで体をふるわせ、けいれんしながら神がかりするウヤガンに驚き、感動し、涙を浮かべながら撮影しました。」と書いている。大城の琉球大学時代の渾身の作品が半世紀の時を経て世に出た。沖縄タイムス写真部長の時からの友人であった彼の快挙に島酒(泡盛)での祝杯を上げたい~!♡☆ハナハナハナ~!!

s-SDIM1447.jpg

定価:2、640円(税込)ページ:96頁(内カラー70頁)、サイズ:185x170mm 著者の豊里友行君は、2018年から本書に至るまでわずか3年余り間に、何と著作9冊を次々と出版している。沖縄を代表する新進気鋭の写真家であり、俳人でもある。彼は「戦争遺品たちを撮影する上で重視してきたのは、戦没者一人ひとりの生きてきた証や痕跡を浮かび上がらせることだった。」と記している。僕とは30数歳離れているが、一緒にお酒も呑む写真仲間であり、俳句仲間でもある。僕が若い時にお世話になった写真家の樋口健二さんの教え子でもある・・・。

s-dm_namiki_pic3_210x105 (3).jpg(DMデザイン:塩崎亨) 

s-dm_namiki_ate3 (1).jpg

写真家・並木すみ江さんは、僕が主宰する写真研究塾「風」の同人だ。東日本大震災・福島原子力発電所事故が起きた翌年2012年から本年まで丸10年間福島へ通い続け、撮影した作品群。彼女の持つ独特な感性から紡ぎ出されたモノクロームのドキュメンタリーは、一見の価値がある。並木さんとは彼女が写真を学びはじめた頃からだから彼これ35年以上の付き合いではある。いまは、自然農法を伝えるる農耕人と写真家の両刀使いをしている・・・。

s-SDIM0986.jpg

s-SDIM0988.jpg

白川議員写真展「天地創造」(東京都写真美術館/5月9日まで)観覧料:一般700円 学生:560円

s-SDIM0990.jpg

s-SDIM0992.jpg

山梨・清里フォトミュージアムで6月13日まで。入館料:一般800円 学生:600円

s-SDIM0303.jpg

s-SDIM0306.jpg

1年3カ月ぶりの那覇・国際通りは信じられない程、閑散としていた・・・。今回の沖縄取材はコロナ禍のなか6日間と短いので、あまり人には知らせず、会うことも避けることにした。どうしても用事がある友人のみと会い食事をした・・・。

s-SDIM0310.jpg

戦後75年 平和と鎮魂~共生~ 平和の原点・精神文化の継承ー失われていく祭祀文化「沖縄アジア国際平和芸術祭2020」イザイホーの魂/久高のニガイ 比嘉康雄・上井幸子写真展(那覇展11月24日~29日 久高展2021年1月22日~24日)の展示・飾り付けが、那覇市民ギャラリーで23日におこなわれていた。

s-SDIM0318.jpg

この実行委員会の中心的なメンバーの一人、写真家の小橋川共男さん。飾り付けに手伝いに来いよ~と言うので出かけたが僕が手伝えることはなかった。沖縄を代表する写真家の小橋川さんは、僕の写真の東京時代の先輩でもある。上井さんが撮影した久高島のイザイホーの写真の中に30代前半の小橋川さんが写っている(正面の写真)。記念に写した。

s-SDIM0312.jpg

s-SDIM0320.jpg

やはり中心メンバーの琉球新報写真部の国吉和夫さんと。写真家・比嘉豊光さんも中心メンバーとして作業をしていた。この展覧会は、比嘉康雄さんと上井幸子さんの二人で300点を超える作品で構成されており、圧巻だった・・・。

s-SDIM0323.jpg

s-SDIM0328.jpg

s-SDIM0329.jpg

小橋川さんと飾り付け終了後、近くの居酒屋で食事をした。僕は泡盛を呑んだが、小橋川先輩はこれから沖縄市の自宅まで車で帰らなくてはならないためノンアルコールで乾杯した。今回の取材に同伴した写真家の眞月美雨さんも同席した。彼女は小橋川作品のファンでもある。小橋川さんと別れた後、ホテル近くの沖縄居酒屋でもう一軒軽く呑んで帰った・・・。

s-SDIM0339.jpg

夜光貝、ブダイ、海老、マグロ、イカ、カツオなどの刺身にウニとで2000円だ~!♡☆ 夜光貝の貝殻は記念にもらって来た。

s-SDIM0341.jpg

二日目は、首里城とその周辺を撮影した。夜は仮設の牧志公設市場へ行った。沖縄に来ると必ず寄るツバメ食堂へ。沖縄はどの店にも「1000円べろべろ~」というメニューがあり、飲み物何でも3杯とつまみが1品(中にはズワイガニ一杯という店もある)。これでけっこう酔いが回る。ここでアルバイトをしている金城希さんは、2020年度ミス泡盛だ。いかにもうちな~の女性という美人である・・・。

s-SDIM0343.jpg

3日目は朝から、うるま市の勝連城址、海中道路を通り、浜比嘉島、平安座島、宮城島、伊計島など撮影して那覇に戻った・・・。

s-SDIM0351.jpg

s-SDIM0356.jpg

s-SDIM0353.jpg

s-SDIM0365.jpg

s-SDIM0373.jpg

牧志公設市場には、20数年来の懇意にしている与那嶺鮮魚店がある。いつもこの店で地元の魚を購入して2階のツバメ食堂で呑むというのが僕の定番コースだ。とくに今回はコロナの影響でお客さんは僕らだけ。この夜も、ゆっくりと9時過ぎまで呑んだのだ~!

s-SDIM0380.jpg

s-SDIM0388.jpg

アワビの甘辛ソース炒め。1000円なり~!♡☆

s-SDIM0400.jpg

s-SDIM0399.jpg

沖縄県酒造組合が選出する2020年度「泡盛の女王」の金城希さんをじっくりと撮らせてもらった・・・。

s-SDIM0383.jpg

新鮮なブダイは半分は刺身、残りはバター焼き、そして頭、骨などはスープにした。

s-SDIM0389.jpg

ソーミンチャンプル。

s-SDIM0391.jpg

途中から30数年来の親しい友であるスタイリストでメイクアーティストである荒井祐子さんが来てくれた。東京時代からの友人であるが彼女が沖縄に来てすでに30年が経つと言う。美雨さんとも仲が良い・・・。ちなみに彼女はシンガーソングライターのあらい舞さんの妹さんだ。

s-SDIM0403.jpg

この日は市場の裏手にある露地裏の屋台の店にも行って、1年ぶりの親交を深めた・・・。

s-SDIM0406.jpg

中央は鹿児島県姶良市出身というこの店のマスター。旨いクースを呑みながら話は大いに盛り上がっていた・・・。

 s-SDIM0410.jpg

ホテルの前の飾りのオブジェをバックに記念写真。

s-SDIM0414.jpg

4日目はやんばるの名護市に泊まった。途中、読谷村のやちむんの里によって撮影。大皿や小皿など久しぶりに購入した。名護へ行くと必ず呑みに行く老舗・居酒屋 春海。名物のマグロとパパイヤの味噌和え。500円なり~!♡☆

s-SDIM0415.jpg

名護湾で獲れた島だこの刺身。

s-SDIM0419.jpg

s-SDIM0418.jpg

沖縄料理定番のゴーヤーチャンプルー。

s-SDIM0421.jpg

s-SDIM0428.jpg

この店のママ・宮城リーミさんの高校時代の恩師が辺野古からわざわざ店に来た・・・。80歳を超えたという。

s-SDIM0436.jpg

カフェーウ”ィーナスのママで、古い写真の友人・宮城リーミさんと眞月美雨さん。リーミさんは現在、名護市商工会理事、同女性部常任委員、北海道日本ハムファイターズ名護市協力会応援団長、名護ファイターズクラブ後援会副会長などの役職を務める名護の名士でもある。家族ぐるみの付き合いでお世話になっている・・・。

s-SDIM0441.jpg

やんばるには沖縄そばの旨い店が多い。名護市内には僕がお奨めする店は三件。そのうちの一つ新山そば。昔ながらの素朴な味で僕は好きだ・・・。

s-SDIM0438.jpg

s-SDIM0451.jpg

沖縄最後の夜は、那覇市内で沖縄タイムスの記者・阿部岳さんと会った。小橋川さんも芸術祭のシンポジウムが終了後に駆けつけてくれた。この日は名護を朝出て、芭蕉布の里・大宜味村・喜如嘉、東村のヒルギの原生林、基地反対運動が激しくおこなわれている辺野古を取材して那覇に戻ったのだ。

s-SDIM0443.jpg

小さいがシャコ貝が入ったというので刺身にして食べてみた・・・。大きいシャコ貝には人魚姫が乗っている。その貝である。

s-SDIM0454.jpg

店の前で知らない若いうちなーと記念写真。

s-SDIM0457.jpg

2軒目のお店は、中国料理がメインの小さな居酒屋。麻婆豆腐、餃子をはじめみな、驚くほどの美味であった・・・。沖縄の夜の路地裏の店で、これだけの中国料理に出会えたことに感動した~!♡☆

s-SDIM0460.jpg

沖縄タイムスの記者であり、唯一の編集委員である阿部岳君。彼が入社まもない記者時代に僕に取材に来てからの付き合いだから20数年は経つ。2022年に発行を予定している『琉球ーOKINAWA』に文章を寄せてもらおうと思っている・・・。

s-SDIM0361.jpg

12月23日、14:25分定刻に那覇空港に到着した。必ず寄る牧志公設市場の友人の与那嶺鮮魚店へ行って地元の魚介類を頼んだ。2階のこれまた馴染みのツバメ食堂に持って来てもらい、まずは1年ぶりの沖縄の旅始めに乾杯した~!♡☆(滞在中に2度行った)

s-DSC_0345.jpg

24日は午前中から那覇市首里周辺を取材した。昨年秋の大火により消失してしまった首里城正殿。御開門は一部残った。

s-DSC_0395.jpg

燃え尽きてしまった首里城正殿前の広場。

s-DSC_0530.jpg

首里城の近くにある玉陵(たまうどぅん)への参道。琉球王国の歴代国王が葬られている陵墓。現存する破風墓としては沖縄最古。2000年に世界遺産に登録。2018年には国宝に指定された。

s-DSC_0619.jpg

首里金城町の石畳道沿いにある金城大樋川。共同の井戸のこと。ここで村人や旅人も炊事、洗濯などをした。

s-DSC_0583.jpg

石畳道の少し奥まった場所にある金城町の御嶽のアカ木の巨樹。

s-DSC_0656.jpg

s-DSC_0701.jpg

25日は朝から中部のうるま市勝連南南風原にある世界遺産・勝連城跡(上の写真も)へ。城の本格的な築城は15世紀頃にされたといわれている。標高100mの本丸跡へ登ると海に囲まれて壮大な眺めだ。

s-DSC_0732.jpg

勝連半島から平安座島までの全長4、7㎞の海上を走る海中道路。その先は、浜比嘉島、宮城島、伊計島と橋で結ばれている。写真は浜比嘉島の家々の石垣。

s-DSC_0790.jpg

s-DSC_0748.jpg

昔の名残が残る浜比嘉島の集落。サンゴで出来ている路もあった・・・。

s-DSC_0817.jpg

四島の一番奥の島、伊計島の集落の中心。ここに消防団のポンプ小屋や村唯一の共同販売店がある。バスもここが発着場だ。昼飯を食べていなかったので何かないかと探したが、販売店の冷蔵庫のなかに1つだけ弁当があった。島ぞうりも一足買った。

s-DSC_0867.jpg

25日の深夜から体調を崩し酷い嘔吐などを繰り返し、一睡も眠れなかった。午前中も具合いが悪く横になっていてホテルを出たのは午後2時過ぎだった。体調は完全には回復していないので無理はせず、26日は読谷村のやちむんの里へ。この日宿泊することになっていたやんばるの名護市へ行く途中だ。ゆっくりと窯元をめぐり、以前から愛用している読谷村焼・北窯工房の共同売店へ行って中皿3つと小皿2皿を買い求めた。ちなみに現在、読谷村には68軒の窯元がある。

s-DSC_0981.jpg

27日は朝から快晴。体調も少しづつは回復しているが、まだまだ本調子ではない。あまり遠出はしないで近場を取材し、午後6時過ぎまでには那覇へ戻ることにした。最初に向かったのは、大宜味村喜如嘉の芭蕉布の里。昨年も来ているが沖縄戦の影響をほとんど受けていないこの村には、古き良き時代の琉球の村の面影が漂って僕は好きである。

s-DSC_0946.jpg

美しい琉球瓦の家も多く、シーサーも個性的だ。

s-DSC_1045.jpg

東シナ海に面している大宜味村から山越えをして太平洋側にある東村へ。慶佐次にあるヒルギ林を訪ねた。いわゆるマングローブ林だ。

s-DSC_1126.jpg

最後は、名護市辺野古に寄った。現在、地元沖縄の民意が反対し続けている米軍の辺野古新基地建設が急ピッチで進められている。僕の車の前にはちょうど埋め立て用の土砂を運ぶダンプが並んでいた。異様な光景である。ガラス越しにシャツターを切った・・・。

s-DSC_1135.jpg

基地ゲート前には、ヘルメット着用し身を固めた警察の機動隊と雇われた警備員がびっしり。反対して座り込みをしようとする地元人たちを徹底して排除していた。僕は車を道路に止めシャツターを切った。つかさず機動隊員がマイクで「写真を撮るな!すぐに車をだせ!」と怒鳴られた。数枚撮った中の一枚が上記の写真。(2020年11月27日午後15:20分撮影)

◆人物・食べ物・泡盛などについては続編に~!♡☆ ご期待ください~!(⋈◍>◡<◍)。✧♡☆

s-SDIM0472.jpg

3日前に約1年ぶりの沖縄取材から戻った。6月の沖縄慰霊の日をはさんで2週間ほど取材を組んでいたのだが、コロナ禍の中で中止せざるを得なかった。今回も2か月以上前から予定をし、エアチケットやホテルなど予約を済ませていたので、思い切って実施したのである。島に滞在中に体調を崩し、思うような取材は出来なかったが、写真報告などは今後にしたい。とりあえず何とか無事に帰れたことをご報告します。

s-SDIM0468.jpg

上が朝日新聞の記事。下が沖縄タイムスの記事です。朝日のコラム記事は僕が執筆したが、タイムスの方は、この欄の月曜日担当の・阿部岳編集委員が書いた。彼とは沖縄滞在中にも那覇で会った。20数年来のジャナ―リスト仲間でもある。

朝日新聞の「俳壇・歌壇」欄のこのコラムは俳人、歌人以外はほとんど執筆しないと聞いていたので、依頼のあった担当記者に「僕みたいな門外漢でいいのか・・・」と聞いたら、よろしい。何を書いても結構ですとのこと。但し、自分の俳句ではない、3句以上の俳句を紹介するのが条件だと言う。それでせっかくだから写真家の先輩たちの句を紹介したのである。土門拳、秋山庄太郎、岩宮武二の各氏の句だ。ぜひ、読んで見てください・・・。

s-SDIM6242.jpg

6月3日、2か月ぶりに都内に呑みに出かけた。27年間お世話になっている一般財団法人全日本海員福祉センターの総務部長だった鈴木さん(右端)が突然に広島への単身赴任が決まった。時世が時世だけに大げさには歓送会は開けないが、彼と親しい人のみに呼びかけてささやかな会を設けた。わずかな時間であったが喜んでくれたのが何よりであった・・・。会場となった池袋の沖縄料理店「みやらび」も2か月間休業していて6月1日から時間短縮で開店したばかりだった。

s-SDIM6240.jpg

s-SDIM6237.jpg

s-SDIM6244.jpg

s-SDIM6275.jpg

6月6日、夕方から新宿の全国保険医団体連合会の事務所で審査が行われた。審査員の2人で全応募作品の講評をした。

s-SDIM6278.jpg

s-SDIM6279.jpg

s-SDIM6280.jpg

s-SDIM6276.jpg

審査を担当した僕(審査委員長)と公益財団法人日本写真家協会会員の岩本正彦さん(右)と事務局担当の曽根さん。お疲れさまでした~!♡☆

s-2020ME_A4_fix.jpg

s-2020ME_ura_A4_fix.jpg

◎毎回好評の”海の写真学校”こと小松健一の作品解説は、本会場である横浜・みなとみらいギャラリーで7月11日(土)14:00~行いますが、31回展からは初めての試みとして9月に開催される福岡巡回展会場においても実施する予定です。詳しくは後日チラシなどでご案内します。ぜひ、ご参加ください。九州、中国、四国地方のみなさんとお会いできることを今から楽しみにしています。みなさん、新型コロナウイルスなどには負けないで、写真文化の灯を守りましょう~! (⋈◍>◡<◍)。✧♡☆  合掌

s-DSC_0071.jpg

s-DSC_7214.jpg

s-DSC_7009.jpg

上記の3作品は、2019年7月に沖縄本島で僕が撮影したものです。「マリナーズ・アイ展」に応募したらみんな駄目だろうね。トホホ~(⋈◍>◡<◍)。✧♡   

s-SDIM5863.jpg

B5版横位置変形 オールカラー152ページ 末巻に収録されているNPO法人 民俗芸能を継承するふくしまの会理事長 懸田弘訓氏の文章も胸を打つ。埼玉ー福島走行10万キロ、取材120回を超えた作者の「あとがき」に記された「巡礼とは非日常にあって祈りをささげること。祭人こそが巡礼者であった・・・」と福島の旅を7年間続けて気が付いたという言葉はこころに沁みた・・・。

s-SDIM5861.jpg

s-SDIM5858.jpg

s-SDIM5857.jpg

申し込み:https://www.watarix.com/   写真家鈴木渉で検索してください。歴史春秋社(株)TEL:0242-26-6567

鈴木渉さんは、この3月まで小松健一主宰 写真研究塾「風」同人・事務局長をしていた。彼の写真を見てから30年は経っただろうか。心からのおめでとう~!♡ のメッセージを送りたい。合掌

s-SDIM5864.jpg

がじゅまるブックス A5版(並製)カラー16ページ、モノクロ92ページ 申し込み:榕樹書林(株)TEL:098-893-4076 もしくは豊里友行さん本人か沖縄書房へ。

豊里友行さんは、1976年、沖縄生まれの新進気鋭の行動派写真家。俳人としても知られている。いままでに写真集、句集などを15冊刊行している。第37回沖縄タイムス芸術選賞奨励賞、2017年さがみはら写真新人奨励賞など受賞している。

彼の師は、写真家・樋口健二さん。僕も写真学校時代2年間みっちりとお世話になった。そして僕は家に夫婦で招かれ奥様の手料理をご馳走になったりもした。奥様のお名前は僕のかみさんと同名の「節子」だった。機会あるごとに僕に写真家になれと、ずーと進めてくれたのが豊里君の師匠である樋口さんであるのも何か縁を感じる。樋口さんがいなければ、僕は写真家として存在していなかったかもしれない。俳句をしているというのも共通している・・・。

s-SDIM5867.jpg

s-SDIM5869.jpg

著書の末巻に収録されている豊里君の2014年からのエッセイ「私の辺野古語り」なども興味深く読みごたえがある。

s-SDIM5874.jpg

(撮影:2020年4月29日、自宅前の光景)

今日29日は「昭和の日」ということで祝日であるが、僕はもう1か月以上外出していないので、祝日も休日もゴールデンウィークも関係ない。多分みなさんも同じような思いでしょう。こんなことが一体いつまで続くのだろうか。新型コロナウイルスを予防するワクチンが開発されるのは早くて1~2年はかかると政治家や専門家は言う。そんなことを待っていたのでは、医療崩壊どころか、社会が、人間が崩壊してしまいかねない。

暴論と言われるかもしれないが、新型コロナウイルスとやらとうまく折り合いをつけながら生きていくしかないのではないだろうか。人類の歴史を振り返れば、先人たちもみなそうして来たのである。人類が作り出してしまった核・放射能を別にすれば、自然界から生まれたものとは”共生”していくのが、ベターではないだろうか・・・。「戦争だ!戦争だ!」とやたらと政治家たちは声高に叫んでいるが、果たしてそれで本当に解決し、終着点を迎えることができるのだろうか・・・。籠りの日々の中でそんなことを空想しているのだが・・・・。  合掌

籠る日は偲びの酒ぞ寒土用  風写

s-SDIM5711.jpg

80歳を超えてなお厳冬期の冬山に分け入る孤高の写真家が、半世紀にわたり追い続けた”神の鳥”ライチョウ。ライフワークである日本アルプスの壮大な風景と共に綴る写真家・水越武の「山恋の歌」、ここに完結! (写真集帯より) 新潮社刊・定価:5500円(税別)

s-SDIM5713.jpg

s-SDIM5715.jpg

☆2020年4月2日(木)-26日(日)12:00~19:00(火-金)  (土-日)は18:00ま    で。ナイトギャラリー4月10日、24日は21:00まで。月・祝日は休館。作者在廊は5日まで。

☆コミニケションギャラリーふげん社 目黒区下目黒5-3-12 TEL:03-6264-3264      トークショー:4月4日(土)16:00~18:00 水越武x関次和子(東京都写真美術館学芸員)   参加費:1000円(予約必要)

s-SDIM5694.jpg

s-SDIM5695.jpg

s-SDIM5703.jpg

s-SDIM5698.jpg

s-SDIM5700.jpg

s-SDIM5708.jpg

しばらく信州の山に籠っていて東京へ降りてきて5日には北海道の屈斜路の自宅に帰ると言う。昨年2月~3月のリコーイメージングスクエア銀座での個展のときに呑んだ以来の再会だったので軽く一杯やって帰ることにした。以前に何度か行ったことのある目黒川近くの権現坂の沖縄の店へ行った。島酒が美味しいと水越さんはしたたかに呑んだ。僕も話が弾んで呑んだ・・・。気が付いたら何と午後10時30分を回っていた。7時前から呑み始めたがら4時間近く呑んだことになる。100人近くは入れる店内のお客は僕らだけ。沖縄市出身の大将が話し相手になってくれた・・・・。

s-SDIM5709.jpg

沖縄(旧コザ)市出身の経営者は、僕より一回り程若い。18歳の時に沖縄を出て、様々な差別に会ったが、何とかこの店を始めてから13年。妻子、両親を沖縄において一人で東京で働いているという。ここ数年は一度も帰省していないと言っていた。いままで必死に頑張ってきたが、今回の事態はかってと状況が全く違うと嘆いた。近くの目黒川の桜堤は満開で例年なら大勢の花見客でごった返している。しかし、僕も見てきたが人っ子ひとりいなく、暗い。一杯予約が入っていたのに3月以降全てキャンセル。4月中の予約もキャンセルが続いていると肩を落としていた・・・。

水越さんも僕も少しでも沖縄の店の応援になればと思い、ひたすら呑み続けたのであるよ・・・。これが真実~!!(⋈◍>◡<◍)。✧♡

s-SDIM5174.jpg

参加者に作品の解説をする写真家・並木すみ江さん。

s-SDIM5177.jpg

会場には「沖縄平和学習ツアー」等で撮影した並木さんの写真、約50点と沖縄タイムスや琉球新報の記事など資料が多数展示されていた。

s-SDIM5180.jpg

同写真展実行委員会の中河原委員長が23年間の会の歴史を熱く語った・・・。

s-SDIM5183.jpg

s-SDIM5190.jpg

突然の指名であいさつをすることになった僕。並木さんの写真の師匠という紹介だった。ぼくと沖縄との係わりなどについて、37年間取材してきた一端を語った・・・。

s-SDIM5187.jpg

s-SDIM5191.jpg

s-SDIM5195.jpg

s-SDIM5197.jpg

s-SDIM5198.jpg

「風」同人である並木すみ江さんを囲んで写真研究塾「風」の同人・眞月美雨さんと塩崎亨君。前メンバーだった写真家の鈴木渉(中央)君と菱山忠浩(その右隣り)君も来てくれた・・・。言うまでもないが、この後、会場近くでこれから仕事があるという塩崎君を除いた5人で、並木さんの祝う会を行った。菱山君を先頭に写真談義を肴に、久しぶりにしたたかに呑んだ~!♡☆

s-SDIM2827.jpg

s-SDIM2828.jpg

s-SDIM2838.jpg

s-SDIM2839.jpg

s-SDIM2830.jpg

s-SDIM2843.jpg

s-SDIM2846.jpg

s-SDIM2833.jpg

s-SDIM2849.jpg

s-SDIM2845.jpg

s-SDIM2835.jpg

s-SDIM2850.jpg

このウェブサイトの写真作品、文章などの著作権は小松健一に帰属します。無断使用は一切禁止します。