写真家 小松健一・オフィシャルサイト / Photographer Kenichi - Komatsu Official Website

風通信の最近のブログ記事

s-SDIM1013.jpg

2月25日、渋谷の明治通り沿いに一本ある河津櫻が花をつけていた・・・。

s-SDIM1012.jpg

渋谷駅ハチ公口の近くのあるサロンワークステーション「モフ・ヘアーサロン」に今年になってはじめて行った。ヘアデザイナー・アーティストの美雨さんにやってもらってスッキリ~!♡☆

s-SDIM1022.jpg

s-SDIM1019.jpg

ここ数年通い詰めた駅前の鮨店の店長していた24歳の萌ちゃんが急に新しくできる店に転勤になった。2月28日が最後の日と言うことで、常連客は昼間からいっぱい。花束なども届いていた。「僕は花より団子だよ~」と彼女が大好きなカレー16種類と創業160年の醤油、それに近くの神社へお参りに行って御守りをもらってきたのを渡した。まだ若いのにがんばっている姿を見て元気をもらっていたのは、僕ひとりでは無かっただろう・・・。

s-SDIM1025.jpg

s-SDIM1027.jpg

s-SDIM1032.jpg

s-SDIM1034.jpg

s-SDIM1041.jpg

写真研究塾「風」と「写真集団・上福岡」のメンバーと一緒に観た。右端が写真家の藤森武さん。みちのく6県の百体以上ある仏像は迫力があり、見ごたえもあった。藤森さんの師匠・土門拳の岩手県平泉町中尊寺の金色堂内の仏像とともにじっくりと見て欲しい。作者の藤森さんは、毎週土日は在廊予定だ。

s-SDIM1043.jpg

著書に丁寧に揮毫をする藤森さん。

s-SDIM1045.jpgs-SDIM1048.jpg

八王子の街のあちこちに写真展のポスターが張られていた。藤森さんを囲んでこのあと軽くお祝いの一杯をやった・・・。

s-SDIM1050.jpg

大石芳野写真展「さとうきび畑からの風」(モノクロ作品)2月10日~5月30日まで。ライカギャラリー東京

s-SDIM1052.jpg

大石芳野写真展「それでも笑みを」(カラー作品)ライカギャラリー京都 2月13日~5月30日まで。

s-SDIM0930.jpgs-SDIM0932.jpg

いよいよ明後日の3日(水)~7日(日)まで富士見市民会館ギャラリー・キラリで、第38回「写真集団・上福岡」写真展が開催される。僕も撮りおろしの新作を展示する。3月6日(土)15:00~は、全展示作品の講評を行います。自由参加・参加費無料です。ふるってご参加ください。感染対策はバッチリと行っていますので安心してどうぞ~!♡☆ お待ちしています・・・。  合掌

s-SDIM0548.jpg

12月6日、2020年最後の「風」例会が渋谷勤労福祉会館で行われた。出席したメンバーは少なかったが、内容の濃い塾であった。9月に銀座・アートグラフで個展を開催した眞月美雨さん(左から2人目)、今月9日まで新宿御苑前のアイデムフォトギャラリーシリウスで開催していた橋都とみ子さん(右から2人目)に引き続き並木すみ江さん(中央)のシリウスでの個展が決まった。未曾有の被害をもたらした東日本大震災から10年目を迎える来年の5月の開催だ。写真展のタイトルは「フクシマ 2012ー2021」。この9年間通い続けたフクシマへの深い思いの総決算でもある・・・。

s-SDIM0546.jpg

並べられている作品は、大久保美帆会員(右)の最新作。来年個展を計画している。

s-SDIM0551.jpg

本来ならにぎやかな締めの忘年会なのだが、本年はコロナ禍の中、ささやかな会をいつもの老舗居酒屋・三平酒寮で行った。毎年恒例の「風」熱海合宿は、残念だが中止をすることになった・・・。

s-SDIM0568.jpg

s-SDIM0569.jpg

12月10日午後、前々から一度訪ねたいと言っていた写真家の鈴木一雄さんが僕の事務所であるアトリエぶどうぱん社に来てくれた。彼、御用達の明治33年創業伊豆の老舗ひもの屋から前日たくさんの地元で獲れた鮮魚が送られて来ていた。僕の手料理も幾つか作りささやかな宴会をした。共通の友人である写真家の眞月美雨さんも参加~!♡☆

s-SDIM0559.jpg

s-SDIM0564.jpg

お歳暮でいただいた大分の高級干し椎茸「どんこ」を使っての料理。

s-SDIM0570.jpg

かれこれ10数年の付き合いとなる自然写真家・鈴木一雄さん。写真界のなかにあって気心しれた仲間だ。同じ歳ということも波長が合うのかも知れない。これからをどうお互いに写真家として全うしていくかを語り合った・・・。

s-SDIM0573.jpg

s-SDIM0577.jpg

s-SDIM0578.jpg

最後は椎茸をはじめ野菜たっぷりの僕の特製パスタで締めた~!♡☆ 一雄ちゃんは、めずらしくしたたかに酔い、冬の月が煌々と照るなか気持ちよさそうに家路についた・・・。

 

◆早いもので2020年もあとわずかとなりました。全国のみなさまの温かいお心根をいただき深く感謝申し上げます。ありがとうございます・・・・ 合掌        日本お布施党  党首

s-SDIM0557.jpg

☆長野・Hさま 手作り干し柿  ☆沖縄・Kさま シークワーサー

s-SDIM0528.jpg

☆神奈川・Sさま 近海の魚とサザエ

s-SDIM0516.jpg

s-SDIM0518.jpg

s-SDIM0536.jpg

早速、料理をしていただいた。サザエは量が多かったので、お隣さんにお裾分けをして喜ばれた。

☆岡山・Tさま 瀬戸内の珍品チョイ干し  ☆東京・Sさま 伊豆の地物ひもの詰め合わせ  ☆愛知・Hさま 創業231年の讃岐・鎌田醤油詰め合わせ  ☆東京・Nさま 自家栽培の冬野菜、果物たっぷり箱詰め  ☆沖縄・Mさま 名護市市制50周年記念・オリジナル泡盛  ☆埼玉・Tさま 白菜、大根、八頭など野菜  ☆東京・Zさま 高級干し椎茸詰め合わせ  ☆沖縄・Yさま 手製の巨大シャコ貝と夜光貝の工芸品   ☆鹿児島・Mさま 手作りクッキーと珈琲の詰め合わせ   ☆岡山・Hさま 高級メロン  ☆長野・Hさま 市田の干し柿4パック  ☆埼玉・Iさま 自家製冬野菜たっぷり  ☆埼玉・Nさま 柚子一箱  ☆埼玉・Tさま 真竹の子の塩漬けなど

◆心より感謝します。ありがとうございました~!♡  合掌

s-IMG-2050.jpg

12月2日午後3時過ぎから搬入・展示作業がはじまり、5時30分には終了した。左からギャラリー・シリウス担当の望月彩子さん、僕(中央)をはさんで右が作者の橋都とみ子さん、左が写真家・眞月美雨さん、前列右が(株)写真弘社澁井専務、(株)フレームマンのスタッフの人たちと。お疲れさまでした~!♡☆

s-SDIM0484.jpg

s-SDIM0477.jpg

南信州・高森町から駆けつけてくれた橋都とみ子さんの夫(中央)を囲んで記念写真。展示作品は、全倍5点、全紙52点、合計57点の見ごたえのあるもの。ぜひ、ご覧ください。

s-SDIM0493.jpg

初日3日、天気がすぐれないのに、駆けつけてくれた写真研究塾「風」同人の眞月美雨さん(左から)、僕、橋都とみ子さん、「風」同人の並木すみ江さん、福浦港の漁師・佐々木幸寿船長。写真家・鈴木渉さん。

s-SDIM0500.jpg

s-SDIM0507.jpg

コロナ禍の中なので、慎ましやかに身内希望者のみの「写真集出版・写真展開催を祝う会」を行った。人数は少なく、声は小さかったが熱い写真談議が3時間余り続いた・・・。

s-SDIM0510.jpg

11月28日に初版が刊行された橋都とみ子写真集『家族 紐帯』。右が表紙、左裏表紙。帯と表紙カバーの袖に僕が推薦文を書いている。下は写真展のDM。

s-SDIM7218.jpg

中秋の名月を玄関前から見上げる・・・。

s-SDIM7228.jpg

わが家の庭の6本の金木犀の木は、一斉に花を咲かせている。部屋中に甘い香りを漂わせている・・・。

s-SDIM7268.jpg

久しぶりに近所を巡っていたら知らない農家の人が好きなだけ持って行けというので、この倍ほどもらい、隣の人にお裾分けをした。柿が大好きな僕はウハウハ。子どもの頃、よく食べた「ちんぽこ柿」があり珍しかった。

s-SDIM7244.jpg

s-SDIM7246.jpg

s-SDIM7247.jpg

8月以来の渋谷駅前のスクランブル交差点とセンター街。コロナ禍のなかではあるが、だいぶ人々が戻って来ていた・・・。(2020年10月4日、0時30分)

s-SDIM7254.jpg

s-SDIM7256.jpg

久しぶりに地方の同人を除いて全員参加の予定だったが、大久保美帆会員が急に引っ越しの作業が入り来れなかったのが残念だった・・・。9月に銀座で個展を開催した眞月美雨さん、12月3日~9日までアイデムフォトギャラリーシリウスで初の写真展が決まっている橋都とみ子さん。彼女は同時に写真集も発行する。また一昨年に続き2冊目となる作品集を刊行する94歳の中村咲さん、来年4月に写真展を計画している並木すみ江さんなど女性陣のがんばりが目立つ・・・。 また恒例の合宿のことなど話し合われた。

s-SDIM7258.jpg

s-SDIM7259.jpg

橋都さんは、信州下伊那高森町から毎回来ている。中村さんも埼玉県の毛呂山町からだから結構遠い。2人ともホテル泊まりだと言う。新しくこの4月から事務局担当となった唯一の男性である塩崎亨君の奮闘が期待される。気張ってね~!(⋈◍>◡<◍)。✧♡ 相変わらずのコロナ禍で客はほとんどいない渋谷センター街の三平酒寮で、「風」のメンバーだけが写真談議に盛り上がった・・・。

s-SDIM6744.jpg

左から塩崎亨さん、中村咲さん、橋都とみ子さん。3人とも僕が主宰する写真研究塾「風」のメンバーだ。1日目、8月14日は午前11時から午後5時までおこなった・・・。

s-SDIM6740.jpg

s-SDIM6743.jpg

s-SDIM6749.jpg

s-SDIM6751.jpg

s-SDIM6754.jpg

s-SDIM6755.jpg

午後6時からはホテルの12Fのレストランで夕食と懇親が8時前まで続いた。

s-SDIM6759.jpg

s-SDIM6760.jpg

s-SDIM6769.jpg

s-SDIM6782.jpg

s-SDIM6788.jpg

午後8時からは花火の打ち上げを部屋のベランダから見た。今年初めての花火だった。その後はのんびりと持ち寄った酒やつまみをやりながら交流をした。気が付いたら午前1時を回っていた・・・。咲さんも最後まで付き会っていた。翌日15日は10時から12時までホテルのロビーにある喫茶室で写真の勉強会をして解散をした。

s-SDIM6789.jpg

s-SDIM6798.jpg

s-SDIM6800.jpg

s-SDIM6805.jpg

s-SDIM6807.jpg

s-SDIM6810.jpg

s-SDIM6812.jpg

 8月16日、お盆の送り火の日。夕方から家の近くの40年程前から通っている焼き肉屋と言ってもホルモン焼き屋へ久しぶりに出かけた。僕の新刊『写真家の心 詩人の眼』の発行記念と、発送作業を写真家の眞月美雨さんが手伝ってくれたのでお疲れさま会を合わせてささやかにおこなったのである・・・・。

写真家・眞月美雨さんは、2017年9月に銀座ニコンサロンと10月に大阪ニコンサロンで開催した個展「桃源郷 The latest paradise on earth.」以来の銀座での個展だ。今回の撮りおろし作品は、2017年5月から撮影を開始し、新型コロナウイルスが感染が広まり、今年4月「緊急事態宣言」が発令された後にも感染予防には細心の注意を払いながら撮影を続けたものだ。2万点を優に超えるカットの中から厳選した45点、プラチナシルバープリントのモノクロ作品を展示する。

彼女は渋谷スクランブル交差点に何を見たのか、そして何を感じたのか。わずか半年余りで激変した光景とは・・・。 あなたも銀座の写真展会場で、渋谷スクランブル交差点の中に身を置き、その喧噪さ、空気感を体感してみてください~!♡☆

s-① (2).jpg

s-②.jpg

s-③.jpg

s-④ (2).jpg

s-⑤.jpg

s-⑥.jpg

 s-CV_a_03 (1) (1).jpg

s-CV_p_02 (9).jpg

(DMデザイン:塩崎亨)

s-SDIM6659.jpg

渋谷センター街には、仙台で作られた七夕の飾り物がかけられ、コロナ感染をお祓いする催しが行われていた。8月2日(日)午後1時30分頃、渋谷スクランブル交差点方面を望む。

s-SDIM6683.jpg

s-SDIM6687.jpg

同人の眞月美雨さん(左端)は、9月4日から10日まで、銀座アートグラフで個展が決まっているので最終的な展示作品のセレクトや展示方法など詰めた。この3年間2万カットを超える撮影をしてきた中から200点余りを持ってきた。その中から45点を決定した。

また並木すみ江同人は、この間集中して約1か月間撮影した青梅市に伝わる「膳和倉」建立の中から、百数十点の作品を持ってきた。記録写真集を制作する計画が進んでいるという。写真集の骨子やイメージについて話し合った。

s-SDIM6681.jpg

s-SDIM6690.jpg

この日の例会は「風」始まって以来の参加者が僕をふくめて3人、後から1人が来るという最低の人数だった。事前に参加者が少ないことはわかっていたので中止という選択もあったが、数か月前から決まっており、会場費も支払い済みだった。何よりも参加するというメンバーいる限り例え1人でもやるというのが僕のスタンスである。

来れない会員たちには、2人は場所を都内でなく埼玉の森林公園に変更して別な日にすることになった。また、もう1人はオンラインを使っての例会とすることになった。地方の会員についても何か手当てを考えたいと思っている。

s-SDIM6691.jpg

渋谷勤労福祉会館の前にオープンしたパルコにできたピカチューのブロンズ像とともに。

s-SDIM6693.jpg

s-SDIM6695.jpg

2020年8月2日(日)午後5時頃の渋谷センター街。渋谷駅方面を望む。

s-SDIM6697.jpg

「風」の例会後の懇親会の常店は、「三平酒寮・渋谷店」。現在は3F、4Fはほとんど使用していないが、2Fは昔のままだ。考えてみれば、僕は1972年ころから通っている。そのたたずまいは48年前とほとんど変わらない。店長にその話をすると「僕はまだ生まれていませんでした・・・」。

s-SDIM6699.jpg

塩崎亨同人、「風」事務局長が写真学校の授業を終えて合流。4人と少なかったが、話は大いに盛り上がって愉快だった。気が付いたら約4時間いたが、その間一人のお客さんもなかった・・・。店長曰く「誰もいなくなると寂しいから帰らないでいてください~!」コロナ禍の影響は深刻である。

◆極暑、お見舞い申し上げます~!♡☆ 全国のみなさまのあたたかいお心遣いに、深く感謝し上げます・・・・。  合掌                       日本お布施党 党首

☆岡山・Hさま 岡山名産 白桃の箱詰め  ☆埼玉・Tさま トマト、ゴーヤー、ナス、インゲン豆など手作り夏野菜   ☆東京・Kさま 山陰・日本海の干物詰め合わせ、博多・紀久屋の数の子、明太子の松前4色セット                 ♡本当に、ありがとうございました。

image0.jpeg

並木すみ江同人は、2月20日~22日まで青梅市中央図書館で「沖縄をもっと知ろう写真展」を開催。22日(土)午後2時から会場でギャラリートーク。4時から写真仲間で並木さんを囲んで懇親会を行います。ぜひ、ご参加ください~!♡☆

また、同人の寒川真由美さん、眞月美雨さん、会員の橋都とみ子さんも年内中の個展開催をめざして作品を制作中。鈴木渉さんは4月上旬に写真集を出版、中村咲会員も写真集の出版を目指している。(モノクロ写真の撮影:塩崎亨同人)

s-IMG_1282.jpg

ごめんなさい・・・。写真の天地が逆になってしまい修正できません。頑張って直せれば後で訂正しますね。鈴木渉さんの送別会で。(渋谷・三平酒寮)

image1.jpeg 

新型コロナウイルスの影響か、渋谷センター街も閑散としていた・・・。

s-SDIM3170.jpg

10月30日午後1時、池袋にある東京芸術劇場で写真家・森住卓さんと会った。2日前に突然電話があり、7~8年ぶりの再会だった。昼飯を食べながら1時間、その後5時過ぎまで喫茶店でじっくりと話合った。主には彼がこの8年間余り撮影し続けてきた福島の原発事故関連の作品集の発行についてだった。森住君とはかれこれ47年間、僕が上京した1972年からの付き合いだ。それで彼の撮影した写真を見ながら発行の実現に向けて相談に乗ったのである・・・。迫真力のある作品集になりそうだ~!♡☆

s-SDIM3187.jpg

s-SDIM3196.jpg

s-SDIM3197.jpg

今回の例会は、9月に熱海で行われた合宿に引き続き参加者が少なく寂しいものであった。しかし、一人一人にかける時間はたっぷり。中身の濃い例会となった。具体的には来年の個展に向けての作品がほぼ決定した塾生が2人、写真集発行を目指し作品が固まりつつある塾生が1人生まれた。例会会場前で記念写真。後方は工事が終わりオープンを準備しているパルコ。

s-SDIM3204.jpg

s-SDIM3205.jpg

先日のハロウィーンで盛り上がった渋谷センター街。例会の後のいつもの懇親会は、このセンター街にある老舗の居酒屋。僕は40年前から顔を出している・・・。

s-SDIM3208.jpg

s-SDIM3211.jpg

s-SDIM3137.jpg

s-SDIM3142.jpg

s-SDIM3152.jpg

朝夕がめっきり冷え込むこの季節になると、どうしても体の芯までが温まる鍋物が多くなる。週に3日は我が家は鍋料理だ。具材はあるものを何でもぶち込めばいいから楽は楽だが、味付けのバリエーションには神経を使う・・・。

s-SDIM3176.jpg

s-SDIM3162.jpg

豚足のぴり辛煮つけ。

s-SDIM3149.jpg

初登場の野菜たっぷり長崎ちゃんぽん。

s-SDIM3164.jpg

s-SDIM3221.jpg

s-SDIM3184.jpg

さばの漬物と新生姜のお茶づけ。

s-SDIM3179.jpg

s-SDIM3229.jpg

大根と鶏肉の煮物。

s-SDIM3215.jpg

s-SDIM3235.jpg

s-SDIM3239.jpg

かぶと柿、ピーマン、パプリカのオリーブオイルサラダ。

 写真研究塾「風」の前身をふくめると、すでに25年を超える歴史のある「風」合宿が、今年も熱海で開かれます(詳しくは下記チラシをご参照ください)。例年、四国・高松、岡山・早川、長野・下伊那など地方の参加をはじめ、「風」の塾生を中心に1年間分の作品を持って集いますが、毎回一般の人も自由に参加できるようにしています。多いときには7~8人参加した年もありました。九州・長崎、大阪、岡山・倉敷、京都、名古屋などからの写真家たちが力作を持って参加しました。

講師泣かせの人たちも多く700~800点の作品を担いで持ち込むので、作品を見るだけで深夜になることもありました。楽しみな温泉や酒もゆっくり飲めず閉口したことも多々ありました。9月29日~30日と後、10日となりましたが、まだ参加希望があれば大丈夫です。25日(水)までに申し込みをしていただければ大歓迎です。担当の塩崎亨 塾同人(チラシ参照)までご連絡ください。どっさりの作品に囲まれ、伊豆の美味な鮮魚に舌づつみを打ち、全国から持ち寄った銘酒やつまみをやりながら時を忘れて仲間たちと写真談議・・・・。

ぜひ、ご参加ください~!♡☆ 講師の僕も心から歓迎します~!♡☆  合掌

s-2019KG.jpg

 

このウェブサイトの写真作品、文章などの著作権は小松健一に帰属します。無断使用は一切禁止します。