写真家 小松健一・オフィシャルサイト / Photographer Kenichi - Komatsu Official Website

イベントの最近のブログ記事

s-SDIM1844.jpg

みなみとみらい駅から続くオープンスペースの通りに、横浜の写真展会場のみなとみらいギャラリーはある(左側)。改札より徒歩で約3分。

s-SDIM1849.jpg

第32回マリナーズ・アイ展の主催は一般財団法人全日本海員福祉センター。後援は国土交通省、神戸運輸管理部、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団。協賛には、一般社団法人日本船主協会、一般社団法人日本船長協会、全日本海員組合など11団体。

s-IMG_0382.jpg

会場に貼られてある僕のイメージキャラクター。事務局の女性スタッフが制作してくれた・・・。

s-IMG_0348.jpg

10日午後2時からスタート。最初に全体の講評からはじまり、今回の大賞作品「海に祈りて」の作者・一瀬邦子(右側)さんを紹介しながら始まった・・・。

s-SDIM1852.jpg

s-IMG_0364.jpg

s-SDIM1857.jpg

記録映像の制作のためにカメラ、音響などのスタッフも入っていた。

s-IMG_0355.jpg

入賞作品17点全点をはじめ、参加者の入選作品など1点づつ解説した。

s-SDIM1855.jpg

s-IMG_0360.jpg

s-SDIM1862.jpg

様々な質問にも気軽に応えた・・・・。

s-IMG_0387.jpg

僕の隣は大賞を受賞した一瀬邦子さん。後列左から主催の一般財団法人全日本海員福祉センター常務理事の福井さん、マリナーズ・アイ展事務局担当の飯田さん、写真家・眞月美雨さん、「写真集団・上福岡」会長の竹川義之さん。

s-IMG_0304.jpg

s-IMG_0307.jpg

横浜みなとみらい線のみなとみらい駅下車約3分。改札からそのまま会場まで直結している。JR横浜駅から一つ目の駅。

s-SDIM1843.jpg

同展の主催者である一般財団法人全日本海員福祉センターの担当者、飯田さん(右)と川田さん。

s-IMG_0314.jpg

入賞作品の中からランダムに何点か紹介する。      推薦:「出船まじか」(有田勉・岩手)

s-IMG_0311.jpg

特選:「出船入船」(小泉次郎・愛知)

s-IMG_0310.jpg

特選:「寒冷のシラスウナギ漁」(前原益雄・鹿児島)

s-IMG_0316.jpg

優秀賞:「祈るノロ」(岡本早苗・徳島)

s-IMG_0317.jpg

優秀賞:「習わし」(松田裕次・宮崎)

s-IMG_0321.jpg

優秀賞:「遡上準備」(丹羽修・北海道)

s-IMG_0324 (1).jpg

優秀賞:「巡回」(長尾敏之・兵庫)

s-IMG_0326.jpg

優秀賞:「至福の時」(山中健次・和歌山)

s-IMG_0328.jpg

会長賞:「通信」(深澤建元・群馬)

s-IMG_0333.jpg

審査員のプロフィール

s-IMG_0335.jpg

オープン初日の7月6日、会場のみなとみらいギャラリーを訪問した・・・。

s-IMG_0281 (1).jpg

7月4日、写真展最終日の15:30~から会場で、審査委員長を務める僕の作品講評会が昨年に続いて行われた。長梅雨でコロナ禍と東京都議選の投票日の日ではあったが、徳島、愛知、群馬など遠方からの参加者もあり、人数は少なかったが大いに中身の濃い会となって盛り上がった。最後まで残っていた人たちと記念写真を撮った・・・。

s-IMG_0279.jpg

s-IMG_0276.jpg

一つひとつ熱心にメモを撮るなど話を聞き、質問をする参加者たち。

s-IMG_0299.jpg

第32回 全国保険医 写真展の案内状(DM)。写真は昨年の第31回展の会長賞「札沼線を廃止にしないで!」濱武諭さん(熊本)。

s-IMG_0260.jpg

6月29日、ふじみ野市西公民館において「写真集団・上福岡」の6月例会が開かれた。来年は創立40周年を迎える・・・。

s-IMG_0283.jpg

7月4日は僕の68回目の誕生日だった。亡父は平成4年7月13日に亡くなっているので享年68歳だった。いま生きていれば96歳である。母は今年の3月に93歳で帰らぬ人となった・・・。 僕は父が死んでからは、何故か一つの目標として父が生きた68歳までは生きると心に決めていた。昨日、その目標に到達できたことが無性にうれしかった。年に一度あるか、ないかのうな重を食べにでかけたのである。盛り蕎麦とめごちの天麩羅、三色田楽味噌、蕎麦味噌、板わさなど肴にして蕎麦焼酎の蕎麦湯割りをやった・・・。こうなったら80歳まで生きてやると思った。みなさん如何かな・・・!? 

 

☆全国各地での異常な長雨大雨の被害、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。引き続き全国のみなさまからのこころ温まるご厚情が届き、心から感謝申し上げます。 ありがとうございました・・・  合掌                                日本お布施党 党首

☆岡山・Tさま 瀬戸内小魚チョイスセット  ☆埼玉・Iさま 吟芳焼き(焼き煎餅)  ☆福岡・Tさま たらこ明太子ケース  ☆東京・Iさま キハチバームクーヘン  ☆埼玉・Nさま ふぐのみりん漬け、イチローズモルト&グレーンワールドブレンデットウヰスキー  ☆東京・Kさま 干し椎茸「どんこ」箱詰め  長崎・Yさま 玄界灘の木屋・魚干物セット  埼玉・Tさま スイカ、採れたて夏野菜     合掌

s-SDIM1828.jpg

6月20日~22日まで、第63回秋田県美術展覧会の審査のために、久しぶりの秋田を訪れた。審査は21日9時30分から開始、全ての賞ならび入選作品が決まり、「秋田魁新報」社の文化部記者のインタビューで総評、特賞2作品、奨励賞23作品を一作品づつの作品評が全部終わったのは午後5時を回っていた・・・。秋田在住の二科会写真部会員の写真家2名と秋田写連協会会長が専門委員として協力してくれた。感謝~!♡☆ 手伝ってくれたアルバイトの学生、魁新報社の社員らとパチリ~!!

s-SDIM1821.jpg

厳正な審査の結果、今回の写真部門は、特賞2作品、奨励賞23作品、入選229作品となった。

s-SDIM1822.jpg

s-SDIM1816.jpg

s-SDIM1820.jpg

左から写真部門の専門委員の八柳吉彦さん、小野寺泰雄さん、僕、加藤明見さん。

s-IMG_0195.jpg

審査の様子を伝える「秋田魁新報」(6月22日付)の紙面。

s-IMG_0193.jpg

市内の至る所に現れる男鹿半島の山の神・なまはげ。写真は秋田駅前の居酒屋の入口。

s-IMG_0167.jpg

高田さんは闘病生活とコロナ禍のなかで、3年前の平成30年に起きた西日本豪雨災害で、甚大な被害を被った岡山県倉敷市真備町をモティーフに通い続けてまとめた力作。単に被災した町の姿や人々だけでなく、古来から小田川が豊穣な水と沃土をもたらし、吉備時代からの交通の要として由緒ある歴史の町として、真備町を捉えている・・・。

s-36_A4_fix_web.jpg

◆第36回 日本の海洋画展のポスター

s-36_A4_ura_web.jpg

◆本年の海洋画展に出品する画家たち

s-IMG_0202.jpg

6月10日、早朝から出かけて行き作品が収蔵・管理されている湘南のスタジオへ行く。今回の撮影助手は、いつもの写真家・塩崎亨君と眞月美雨さんの二人。100Fを超える大作が多いので撮影するまでの準備に時間がかかる。美術関係の会社スタッフも全面的に協力してくれた。

s-SDIM1798.jpg

s-SDIM1809 (2).jpg

s-_A1S1486.jpg

s-IMG_0207.jpg

s-SDIM1799.jpg

s-IMG_0199.jpg

s-IMG_0208.jpg

s-SDIM1803.jpg

s-IMG_0212.jpg

塩崎亨君と・・・。 撮影:眞月美雨さん

s-_A1S1516.jpg

みなさんの協力で順調に撮影は進み、過去一番早い午後1時頃には終了した。手伝ってくれた人たちと記念写真~!♡☆ 僕の右が一般財団法人全日本海員福祉センターの担当者の飯田さん。左が美術関連会社の社長さん。

s-SDIM1811 (2).jpg

お店が閉まってしまうので慌てて遅いランチへ行った。毎年行っている近くの地元の鮮魚をメインに出してくれる店だ。値段もお手頃である(下の写真参照)。ランチを済ませた後、スタジオに戻り後片付けして帰ったのは4時過ぎだった・・・。

s-IMG_0148.jpg

刺身盛り定食の一部。6種類の刺身(本マグロ、アジ、はまち、タコ、金目鯛、玉子持ちエビ)が盛り付けられている。その他に小鉢、茶わん蒸し、漬物、味噌汁とご飯がついて定価1600円なり。

s-IMG_0162.jpg

生きていたアジを揚げてくれる。頭から骨のすべてがシャキシャキして美味しかった。

s-IMG_0155 (1).jpg

赤いかの刺身。げその部分だけは湯通ししてある。コリコリした歯ごたえがたまらない。

s-IMG_0161.jpg

伊豆の海で上がった金目鯛のなめろう。なめろうは本来は房総辺りの漁師料理。主にアジやイワシ、時にはサンマあたりを使用する。それが金目鯛という高級魚をタタキにしてしまうのだから贅沢だ。初めて食べてみたが、歯ごたえがあり、甘みが口の中に広がって美味。量も多く、3人で頂いた。定価は800円、上のあじフライ、赤いかの刺身もほぼ同じ値段だった。

s-IMG_0153.jpg

刺身盛り定食。左は盛り蕎麦。ご飯を食べないで好きな蕎麦を頂いた。酒が無いのが何よりも残念だった。ノンアルコールビールではどうしょうもないぜよ~!!肴がこんなに良いのに・・・。

◆新型コロナウイルスの蔓延は続いていますが、時候は巡ってきます。またまた、ありがたいお中元の季節がやってきました・・・。コロナ禍の中でも全国のみなさまの温かい心に深く感謝申し上げます・・・・ 合掌                           日本お布施党・党首

 s-s-IMG_0141.jpg

☆長崎・Yさま 長浦の大玉スイカ  ☆東京・Kさま 10種類の海鮮入りの松前漬け  ☆埼玉・Tさま 筍、台湾ちまきたくさん  ☆鹿児島・Yさま 芋焼酎と黒糖焼酎  ☆埼玉・Sさま 新茶  ☆高知・Iさま スパークリングタイプの日本酒  ☆埼玉・Iさま 夏野菜(ニンニク、玉ねぎ、赤カブキュウリ、トマトなど大量)

 

 

s-32th_me_A2_fixS.jpg

☆会期中の7月10日(土)14:00~本展横浜会場で、恒例の写真家・小松健一による作品解説「海の写真塾」が開催されます。無料で自由参加ですので、友人知人をお誘いの上、安心してご参加ください(新型コロナの感染対策はキッチリとおこなっています)。

◆写真展のポスター(上)・チラシ(下) デザイン:塩崎亨  写真:大賞「海に祈りて」一瀬邦子

s-32th_me_A4_fixS.jpg

写真:推薦「海と生きる」皆川春奈  優秀賞「ホリデー」佐々木洋(下の写真)

s-SDIM1746.jpg

今回の審査を最後まで手伝ってくれたマリナーズ・アイ展事務局の人たち。お疲れ様でした~!♡☆

s-SDIM1739.jpg

5月26日午前10時集合、10時30分から始まった第一次審査。4、600点を超える作品を全て僕と塩崎亨審査員とで見た。昨年の第31回と比較すると約400点、応募作品が増加している。

s-SDIM1743.jpg

s-SDIM1754.jpg

4600点を超える作品の中から第2次審査に進んだのは200数十点。その作品の全てがテーブルに並べられた。ここから第3次審査で入選作品の確定。さらに入賞候補作品を選ぶ第4次審査、そして入賞作品数を確定する第5次審査。そして最後の第6次審査において大賞、推薦、特選、優秀賞、会長賞、特別賞の17作品が決定するのである。

s-SDIM1767.jpg

s-SDIM1760.jpg

左端、昨年から審査にかかわっている塩崎亨審査員。新進気鋭の写真家である。その隣から一般財団法人全日本海員福祉センターの福井和雄常務理事、竹内総務部長、マリナーズ・アイ展事務局担当責任者の飯田さんと事務局のメンバー。

s-SDIM1762.jpg

この日は、朝10時30分から審査を開始。昼食は外に行かず、弁当で済まし、休憩時間もとらず、夕食はもちろん。一心不乱で審査に没頭、気が付いたら午後の9時30分になっていた・・・。丸丸11時間。昨年も午後9時近くになってしまったので今回は6時終了を目指して打ち合わせをしていたのだが・・・。やはり無理であった。来年からは2日間かけての審査も検討しようとなった。六本木の飲食店は、ほとんどがすでに閉店になっており、仕方ないのでコンビニで飲み物とおにぎりを1個買って、塩崎君と二人で明治道路沿いに座って腹ごしらえをして家路を急いだ。帰宅できたのは午前様まで後、15分足らずであった。(;´д`)トホホ・・・。

◆審査結果は、近々に正式にマリナーズ・アイ展事務局から発表される。

s-SDIM1731.jpg

s-SDIM1729.jpg

5月22日、友人の写真家・山岸伸さんの写真展に顔を出した。人気者の彼らしく会場にはいっぱいのひとひと、そして花・・・。一言あいさつだけをして急いで会場を後にした。作品はもちろんじっくりと見た。お客さんと記念写真を撮る山岸さん(右端)。

s-SDIM1727.jpg

右から親しい友人のリコーイメージング(株)の池永一夫さん、写真家の大山行男さんと僕。この日はたっぷりと富士山の話からインド、ネパール、チベットの話まで盛り上がった。3人とも同世代である。同時発行した写真集『インド四都物語~知らない街を歩く~』(3600円+税/山と渓谷社刊)を購入した。いつもは富士山をはじめ大自然を撮っている大山さんとは違う眼をもった大山さんに出会ったような衝撃を受けた。見ごたえのある写真集である・・・。

 

s-SDIM1444.jpg

定価:1430円(税込)ページ:112頁 サイズ:210X150mm 1971年から1972年にかけてカラーとモノクロフィルムで撮影した宮古島・島尻の秘祭ウヤガンの貴重な記録。この神祀は1990年代には中断しているという。彼は手紙の中で「数日の絶食にもかかわらず、強風の吹き荒れる中、延々とスサを謡い続け、そのなかで体をふるわせ、けいれんしながら神がかりするウヤガンに驚き、感動し、涙を浮かべながら撮影しました。」と書いている。大城の琉球大学時代の渾身の作品が半世紀の時を経て世に出た。沖縄タイムス写真部長の時からの友人であった彼の快挙に島酒(泡盛)での祝杯を上げたい~!♡☆ハナハナハナ~!!

s-SDIM1447.jpg

定価:2、640円(税込)ページ:96頁(内カラー70頁)、サイズ:185x170mm 著者の豊里友行君は、2018年から本書に至るまでわずか3年余り間に、何と著作9冊を次々と出版している。沖縄を代表する新進気鋭の写真家であり、俳人でもある。彼は「戦争遺品たちを撮影する上で重視してきたのは、戦没者一人ひとりの生きてきた証や痕跡を浮かび上がらせることだった。」と記している。僕とは30数歳離れているが、一緒にお酒も呑む写真仲間であり、俳句仲間でもある。僕が若い時にお世話になった写真家の樋口健二さんの教え子でもある・・・。

s-dm_namiki_pic3_210x105 (3).jpg(DMデザイン:塩崎亨) 

s-dm_namiki_ate3 (1).jpg

写真家・並木すみ江さんは、僕が主宰する写真研究塾「風」の同人だ。東日本大震災・福島原子力発電所事故が起きた翌年2012年から本年まで丸10年間福島へ通い続け、撮影した作品群。彼女の持つ独特な感性から紡ぎ出されたモノクロームのドキュメンタリーは、一見の価値がある。並木さんとは彼女が写真を学びはじめた頃からだから彼これ35年以上の付き合いではある。いまは、自然農法を伝えるる農耕人と写真家の両刀使いをしている・・・。

s-SDIM0986.jpg

s-SDIM0988.jpg

白川議員写真展「天地創造」(東京都写真美術館/5月9日まで)観覧料:一般700円 学生:560円

s-SDIM0990.jpg

s-SDIM0992.jpg

山梨・清里フォトミュージアムで6月13日まで。入館料:一般800円 学生:600円

s-2021ME_B_A2_1 (1).jpg

今年はじめて本展の☆横浜 みなとみらいギャラリー(7月6日~12日)、☆福岡アジア美術館(8月26日~31日)、☆神戸 兵庫県民会館アートギャラリー(9月15日~20日)の3会場とも全入賞作品、入選作品の120点を一堂に展示する。ふるってご応募ください~!!            (ポスター・チラシデザイン:塩崎亨)

◆この記事を出来るだけ多くの方々に知らせるために、シェア(拡散)をよろしくお願いします。

s-2021ME_B_A4_1 (6).jpg

s-2021ME_ura_A4_1 (2).jpg

◆毎年好評な作品解説「写真家・小松健一の海の写真道場」は、横浜・みなとみらいギャラリーで、7月10日(土)14:00~開催します。神戸会場、福岡会場はまだ未定です。新型コロナの感染対策は万全ですので、ふるってご参加ください(参加自由・無料)。

 

s-SDIM1404.jpg

3月31日、写真家・並木すみ江さん、写真家・眞月美雨さんと渋谷のハチ公前で待ち合わせをした。ハチ公前で待ち合わせをするなんて、遥か青春時代の頃以来だ・・・。

s-SDIM1408.jpg

僕の隣に座っていた人をパチリ~!♡☆

s-SDIM1424.jpgs-SDIM1427.jpg

パリを愛し、パリに愛された写真家ロべルート・ドアノーが1930年代~1990年代までに撮影した音楽をテーマとした珠玉の200点を初公開した展覧会。

s-SDIM1413.jpg

s-SDIM1411.jpg

ビンテージプリントはじめとしたオリジナルプリント作品は、見ごたえがあった。1点、1点じっくりと鑑賞するために時間がかかった・・・ようやく出口にたどり着いた並木さん(左)と美雨さん。

s-SDIM1414.jpg

神田の浅草橋にある(株)写真弘社の近所にはお稲荷さまが多い。地元の人たちが毎日、お神酒やいなり寿司や揚げ物を奉納している。その一つのお稲荷さまに住みついている猫ちゃん。僕はこの猫さまに向って手を合わせた・・・。

s-SDIM1422.jpg

s-SDIM1420.jpg

伊勢丹新宿本店の会場へ先ずは行き、それぞれが気に入った器を購入したあと、高橋芳宣さん(右)が若き日に修業をしていた柿傳の関係する料理処「くわらんか」へ行った。僕と彼がはじめて出会ったのもここ新宿の「くわらんか」だった。20数年も前のこと・・・。今は亡き、陶芸家の坪島土平さんや作家の佐藤隆介さんたちと楽しく呑み明かしたものだ。

このウェブサイトの写真作品、文章などの著作権は小松健一に帰属します。無断使用は一切禁止します。