写真家 小松健一・オフィシャルサイト / Photographer Kenichi - Komatsu Official Website

イベントの最近のブログ記事

 

s-SDIM1444.jpg

定価:1430円(税込)ページ:112頁 サイズ:210X150mm 1971年から1972年にかけてカラーとモノクロフィルムで撮影した宮古島・島尻の秘祭ウヤガンの貴重な記録。この神祀は1990年代には中断しているという。彼は手紙の中で「数日の絶食にもかかわらず、強風の吹き荒れる中、延々とスサを謡い続け、そのなかで体をふるわせ、けいれんしながら神がかりするウヤガンに驚き、感動し、涙を浮かべながら撮影しました。」と書いている。大城の琉球大学時代の渾身の作品が半世紀の時を経て世に出た。沖縄タイムス写真部長の時からの友人であった彼の快挙に島酒(泡盛)での祝杯を上げたい~!♡☆ハナハナハナ~!!

s-SDIM1447.jpg

定価:2、640円(税込)ページ:96頁(内カラー70頁)、サイズ:185x170mm 著者の豊里友行君は、2018年から本書に至るまでわずか3年余り間に、何と著作9冊を次々と出版している。沖縄を代表する新進気鋭の写真家であり、俳人でもある。彼は「戦争遺品たちを撮影する上で重視してきたのは、戦没者一人ひとりの生きてきた証や痕跡を浮かび上がらせることだった。」と記している。僕とは30数歳離れているが、一緒にお酒も呑む写真仲間であり、俳句仲間でもある。僕が若い時にお世話になった写真家の樋口健二さんの教え子でもある・・・。

s-dm_namiki_pic3_210x105 (3).jpg(DMデザイン:塩崎亨) 

s-dm_namiki_ate3 (1).jpg

写真家・並木すみ江さんは、僕が主宰する写真研究塾「風」の同人だ。東日本大震災・福島原子力発電所事故が起きた翌年2012年から本年まで丸10年間福島へ通い続け、撮影した作品群。彼女の持つ独特な感性から紡ぎ出されたモノクロームのドキュメンタリーは、一見の価値がある。並木さんとは彼女が写真を学びはじめた頃からだから彼これ35年以上の付き合いではある。いまは、自然農法を伝えるる農耕人と写真家の両刀使いをしている・・・。

s-SDIM0986.jpg

s-SDIM0988.jpg

白川議員写真展「天地創造」(東京都写真美術館/5月9日まで)観覧料:一般700円 学生:560円

s-SDIM0990.jpg

s-SDIM0992.jpg

山梨・清里フォトミュージアムで6月13日まで。入館料:一般800円 学生:600円

s-2021ME_B_A2_1 (1).jpg

今年はじめて本展の☆横浜 みなとみらいギャラリー(7月6日~12日)、☆福岡アジア美術館(8月26日~31日)、☆神戸 兵庫県民会館アートギャラリー(9月15日~20日)の3会場とも全入賞作品、入選作品の120点を一堂に展示する。ふるってご応募ください~!!            (ポスター・チラシデザイン:塩崎亨)

◆この記事を出来るだけ多くの方々に知らせるために、シェア(拡散)をよろしくお願いします。

s-2021ME_B_A4_1 (6).jpg

s-2021ME_ura_A4_1 (2).jpg

◆毎年好評な作品解説「写真家・小松健一の海の写真道場」は、横浜・みなとみらいギャラリーで、7月10日(土)14:00~開催します。神戸会場、福岡会場はまだ未定です。新型コロナの感染対策は万全ですので、ふるってご参加ください(参加自由・無料)。

 

s-SDIM1404.jpg

3月31日、写真家・並木すみ江さん、写真家・眞月美雨さんと渋谷のハチ公前で待ち合わせをした。ハチ公前で待ち合わせをするなんて、遥か青春時代の頃以来だ・・・。

s-SDIM1408.jpg

僕の隣に座っていた人をパチリ~!♡☆

s-SDIM1424.jpgs-SDIM1427.jpg

パリを愛し、パリに愛された写真家ロべルート・ドアノーが1930年代~1990年代までに撮影した音楽をテーマとした珠玉の200点を初公開した展覧会。

s-SDIM1413.jpg

s-SDIM1411.jpg

ビンテージプリントはじめとしたオリジナルプリント作品は、見ごたえがあった。1点、1点じっくりと鑑賞するために時間がかかった・・・ようやく出口にたどり着いた並木さん(左)と美雨さん。

s-SDIM1414.jpg

神田の浅草橋にある(株)写真弘社の近所にはお稲荷さまが多い。地元の人たちが毎日、お神酒やいなり寿司や揚げ物を奉納している。その一つのお稲荷さまに住みついている猫ちゃん。僕はこの猫さまに向って手を合わせた・・・。

s-SDIM1422.jpg

s-SDIM1420.jpg

伊勢丹新宿本店の会場へ先ずは行き、それぞれが気に入った器を購入したあと、高橋芳宣さん(右)が若き日に修業をしていた柿傳の関係する料理処「くわらんか」へ行った。僕と彼がはじめて出会ったのもここ新宿の「くわらんか」だった。20数年も前のこと・・・。今は亡き、陶芸家の坪島土平さんや作家の佐藤隆介さんたちと楽しく呑み明かしたものだ。

s-SDIM1262.jpg

現在存命の創立メンバー3人が記念表彰された。笹本恒子さん、芳賀日出夫さん、田沼武能さんだ。代表して田沼さんがあいさつをした。表彰状を渡す野町和嘉会長と記念品を贈呈する松本徳彦副会長(会長の左側)。

s-SDIM1265.jpg

s-SDIM1266.jpg

新型コロナウイルス感染予防のために、式典の招待者は100人と制限されていた・・・。

s-SDIM1270.jpg

第46回「日本写真家協会賞」は、凸版印刷株式会社 印刷博物館だった。

s-SDIM1274.jpg

s-SDIM1275.jpg

記念写真展「日本の現代写真1985-2015」の内覧会がおこなわれた。30年間の中から152人の写真家の代表作152作品が一堂に展示されている。東京都写真美術館B1Fで。

s-SDIM1278.jpg

僕の作品「祈りー雲上の神々」の前で、写真家・桑原史成さんと。

s-SDIM1281.jpg

桑原史成さんの作品「水俣の姉妹(水俣病患者)」の前で、右から水俣を撮り続けている写真家・芥川仁さん、桑原さん、僕・・・。

s-SDIM1283.jpg

JPSの創立メンバーであり、昨年写真界で初の文化勲章を受賞した田沼武能さんと宮崎から来た芥川さん。

s-SDIM1287.jpg

コロナ禍のなか、感染対策をしたうえで内覧会をおこなった。会場内は久しぶりの再会に話は弾んでいた。

s-SDIM1289.jpg

内覧会を見たあと、九州の宮崎から出て来た芥川さんと久しぶりだから軽く一杯やろうと言うことになった。そこへ桑原さん、バク斎藤さん、昨年度の土門拳賞受賞者の奈良の藤本巧さんが合流。そして後から写真家の英伸三さんも合流した。恵比寿のビヤホールには気心知れた仲間同士で写真談議に花が咲いた・・・。

s-SDIM1295.jpg

右から芥川仁さん、英伸三さん、バク斎藤さん。

s-SDIM1294.jpg

s-SDIM1297.jpg

左から僕、桑原史成さん、藤本巧さん。

s-SDIM1303.jpg

3月21日、強風のなか渋谷勤労福祉会館で、2020年度最後の写真研究塾「風」の例会が行われた。参加者は6人(内1人は作品の参加)と少なかったが熱い内容となった・・・。

s-SDIM1306.jpg

岡山県在住の高田昭雄同人が送ってきた作品「小田川 恵みの川・歴史の道」(案)の200点を超える中から、7月15日から開催する個展に展示する作品50点の候補作品をセレクトした。4つのパートに別けて取材しており、単に2018年7月7日にこの地方を襲った集中豪雨だけでなく、古代山陽道が貫いていた吉備地方の豊かな暮らしと深い歴史をも表現しょうと試みている力作だ。

s-SDIM1308.jpg

s-SDIM1311.jpg

今回の例会は、夏に個展を開催する高田さんをはじめ、5月13日~19日までアイデムフォトギャラリーシリウスで個展をする並木すみ江さん(右から2人目)の「東日本大震災、福島原子力発電所事故から10年 フクシマ」の作品セレクト、隣の大久保美帆さんの個展についての考察。その他、塩崎亨さんなど2人が国内の写真賞に応募する作品についての選考など話し合った・・・。新年度の第1回例会は、5月16日(日)午後1時~5時、同会館においておこなう。

s-SDIM1314.jpg

並木さんの作品について展示構成やセレクトについて話し合う。終了後、いつもの三平酒寮へ希望者で行って写真談議に花を咲かせた。緊急事態宣言が終了する日だったが、相も変わらず客は僕らの他に2人来ただけだった・・・。

s-SDIM1124.jpg

6日(土)は最終日2日前とあって、午前中から大勢の入場者があった・・・。

s-SDIM1122.jpg

s-SDIM1129.jpg

6日午後3時から「写真集団・上福岡」の顧問である僕の展示作品の講評会が行われた。コロナ禍の中なので多くても20人程度の参加だと思っていたが、思いもよらず多数の参加者があり驚いた。

s-SDIM1141.jpg

講評は全展示作品108点すべてに対しておこなった。少し張り切りすぎて約1時間30分にわたっておこなったが、一人も途中で帰らず、みなさん真剣に聞いてくれてうれしかった・・・。

s-SDIM1135.jpg

s-SDIM1145.jpg

地元・富士見市在住の写真家・宮地瀞さんと。宮地さんとは30数年前からの知り合いで、今回の僕の展示作品の額を寄贈してくれた。感謝します~!♡☆

s-SDIM1148.jpg

写真家・塩崎亨君。下の記念写真を撮影してくれたので、本人が写っていないので僕が撮った。

s-SDIM1146.jpg

講評会が終わってみなさんが帰り始めていたが、最後に希望者のみで記念写真を撮った。ここに写っている人だけで20人(撮影者をいれて)いるので、この倍以上の人たちが優に参加していたことになる・・・・。 感謝します~!♡☆

s-SDIM1150.jpg

お疲れさまでした・・・。同集団の会長・竹川義之さん。

s-SDIM1151.jpg

親しい友人で画家・音楽家の美崎太洋さんと琉球舞踊家の崎山陽子夫妻。講評会に毎年参加している。この日もささやかな打ち上げにも参加してくれた。ありがとう~!♡☆  合掌

s-SDIM1153.jpg

竹川会長の隣から、山本名誉会員、山口会員、事務局担当の一瀬会員。 お疲れさまでした~!♡☆

 

s-SDIM1054.jpg

3月5日午前中からの展示飾り付けが終了し、無事オープン。ホッとする竹川義之会長と事務局担当の一瀬邦子会員。

s-SDIM1064.jpg

初日の受付担当をするのは、今回個展「甲斐に暮らす」(27作品)を発表した田村真由美会員(手前)一瀬会員。

s-SDIM1063.jpg

今回撮りおろし作品「ひなた 二十歳」(7作品)を展示した僕。

s-SDIM1096.jpg

現在、八王子夢美術館において、師匠の土門拳と「みちのくの仏像」展(3月28日まで)を開催中のお忙しい中、わざわざ足を運んでいただき、じっくりと一作品づつ見てくれた写真家・藤森武さん。「グループ展なので、みな似たような作品が展示されているのだろうと来てみたが、一人一人が個性的で作家意識をもっているのに驚いた・・・」と感想を述べていた。

s-SDIM1092.jpg

今回、僕のモデルとなってくれた大学生のHさんとそのお母さんも見に来てくれた。ありがとう~!

s-SDIM1103.jpg

会場のHさんを撮影したのは、来場していた写真家の眞月美雨さん。

s-SDIM1090.jpg

モデルになってもらったHさん母子から、お祝いの花束をいただいた・・・。 合掌

s-SDIM1095.jpg

写真家の眞月美雨さん(左から2人目)と一瀬邦子会員、Hさん母子で記念写真。

s-SDIM1109.jpg

意気投合して会話は弾んでいた・・・。

s-SDIM1101.jpg

正直、苦闘しながらの撮影だった・・・。Hさん、お疲れさまでした。そしてありがとう~!  (⋈◍>◡<◍)♡☆ 半世紀の壁は大きいね・・・。

s-SDIM1114.jpg

竹川会長と作品「肖像ー仕事人」(20点)と藤森さん。

s-SDIM1093.jpg

s-SDIM1108.jpg

個展「甲斐に暮らす」(27点)を前に、作者の田村さんと藤森さん。

s-SDIM1111.jpg

s-SDIM1115.jpg

一瀬会員の作品「SHIBUYA・現在(いま)」(10点)を前に藤森さんと。

s-SDIM1113.jpg

僕の作品「ひなた 二十歳」を前に藤森さんとモデルになってくれたHさんとお母さん。最終日の7日(日)は、16時までですのでご注意ください。

s-SDIM1119.jpg

写真展会場近くの駅前の居酒屋で、藤森さんと美雨さんとの3人でささやかなお疲れさま会をした。

s-SDIM0984.jpg

土門拳X藤森武 写真展 「みちのくの仏像ー東日本大震災から10年」が2月11日から3月28日まで東京・八王子市夢美術館で開催されている。100点を超える大作をぜひ、ご覧ください。作家の藤森武さんは、毎週土曜日と日曜日は在廊予定です。

s-SDIM5084.jpg

写真家・藤森武さんと僕(2020年2月、近所の鮨屋で)。

s-SDIM0926.jpg

s-SDIM0923.jpg

s-SDIM0928.jpg

日本写真家協会創立70周年記念「日本の現代写真1985-2015」がコロナ禍のため1年の延期を受け、いよいよこの3月20日~4月25日まで東京都写真美術館において開催される。1985年以降30年間の時代を映した写真を展示する。JPS会員58名、会員外76名、物故者18名、計152名の作品152点を一同に展示・構成をする。全作品を収録した同名の写真集(定価:3、000円 B5版、280ページ)も出版される。僕も出品している。

この時期は、長い間続いてきた銀塩写真からデジタル写真へと移行した時代。カメラも100年続いてきた銀塩カメラから日進月歩で変化するデジタルカメラ、そして携帯電話からタブレットまで・・・。写真家層にも大きな変化があり、多様な表現が生まれてきた時代である。写真表現は一体どこへ向かおうとしているのか。 ぜひ、ご覧ください~!♡☆

s-SDIM0930.jpg

s-SDIM0932.jpg

3月3日~7日まで埼玉・富士見市民会館ギャラリー・キラリで開かれる第38回「写真集団・上福岡」写真展も必見です。僕も撮りおろし新作品「ひなた 二十歳」を出品。6日(土)には、僕の講評会を会場で行います(参加は無料で自由)。ぜひ、ご覧ください。僕は初日の3日と4日、6日は在廊予定です。待っています~!♡☆

 

s-P1030005.jpg

コロナ禍の中、そして猛暑が続く中、最初に会場に来場してくれたのは、日本の写真界の重鎮・木村恵一さんだった。学生4~5人を伴ってだ。また、自然写真の第一人者である写真家・鈴木一雄さんもオープンと同時に来てくれた・・・。

s-P1020999.jpg

銀座・画廊るたんのオーナーの中島三枝子さんがお祝いを持って来てくれた。

s-IMG_1605 (1).jpg

94歳の写真家・中村咲さんが、埼玉県の毛呂山から遠路遥々駆けつけてくれた。

s-IMG_1600.jpg

写真研究塾「風」のメンバーである大久保美帆さん。

s-P1030012.jpg

(株)ゴールドウインの山本剛さんと。

s-P1030015.jpg

東京都美術館広報担当の進藤美恵子さんと・・・。

s-P1030002.jpg

僕の小・中・高校の同級生の塩谷晃君が、午前中に来場してくれて新刊を購入してくれた。残念ながら僕とは会えなかった・・・。美雨さんとも友だち。

s-SDIM6924.jpg

s-SDIM6926.jpg

ジャーナリストの新藤健一さんと。8月6日にアメリカで発売になったばかりの『FLASH OF LICHT WALL OF FIRE(閃光、そして火の壁)』(テキサス大学出版局刊)を持って。3年余りのプロジェクトがようやく実現し、お互いに喜びをかみしめる・・・。

s-SDIM6931.jpg

s-SDIM6935.jpg

名古屋在住の写真家・森田雅章さんが午前中と夕方の2回も来場してくれた。

s-SDIM6928.jpg

銀座 ニコンサロンの担当の大塚一人さんと。

s-SDIM6938.jpg

s-SDIM6944.jpg

友人である写真家・本田織恵さんと。

s-SDIM6946.jpg

信州・伊那地方の山吹町から車で駆けつけてくれた写真家・橋都とみ子さんと。

s-SDIM6941.jpg

s-SDIM6949.jpg

左から写真家・鈴木渉さん、写真集団「上福岡」のメンバーと写真研究塾「風」のメンバーと。

s-SDIM6943.jpg

初日の9月4日の夕方、写真展会場にいた人たちで記念写真を撮る。左端から山岳写真家の菊池哲男さんと武井眸さん、(株)写真弘社の澁井誠専務。

s-SDIM6951.jpg

写真展会場の近くにある居酒屋に移って、ささやかな「美雨さんの個展を祝う会」をした。ほとんど呼びかけもしなかったのに、「風」や写真集団「上福岡」のメンバー12人が参加。名古屋の森田君、真鶴半島の漁師で船長の佐々木幸寿君も飛び入り参加をしてくれた。ありがとう・・・。

s-SDIM6955.jpg

s-SDIM6953.jpg

s-SDIM6958.jpg

s-SDIM6964.jpg

2日目の午後に会場に行ったら、この日も大勢の人たちが来場してくれたと言う。夕方になって土門拳の高弟、写真家の藤森武さん、音楽家で映画監督の金大偉さんが来場した。金さんの最新アルバム「ムナイキ組曲」が会場に流れていて評判がいい・・・。

s-SDIM6970.jpg

s-SDIM6967.jpg

s-SDIM6972.jpg

s-SDIM6973.jpg

s-SDIM6979.jpg

この日、会場を閉めてから藤森さんと、美雨さんのお祝いと言うことで一杯やった。写真談議に話が弾み、二軒目まで行った。貴重な日本写真界の歴史の話をたっぷりと聞かせてもらった美雨さんは、すごくご満悦であった・・・。作品を発表すると言うことは、こうした思いもかけないプレゼントがあるものだね~!(⋈◍>◡<◍)。✧♡☆ 合掌

s-SDIM6889.jpg

搬入・飾り付けを前に、ギャラリーのある銀座2丁目界隈に鎮座する朝日稲荷様を参拝した。稲荷寿司と海苔巻寿司を奉納して写真展の成功を祈願する眞月美雨さん・・・。

s-SDIM6892.jpg

s-SDIM6894.jpg

s-SDIM6900.jpg

s-SDIM6897.jpg

ユニクロで出品・販売している美雨さんのオリジナルTシャツを着て飾り付け作業をする。

s-SDIM6901.jpg

s-SDIM6904.jpg

s-SDIM6910.jpg

澁井誠専務(右から3人目)をはじめ、飾り付けの作業に来てくれた(株)写真弘社のスタッフ。

s-SDIM6912.jpg

s-IMG_1573.jpg

展示されている46点の全てのゼラチンシルバープリントの制作を手掛けた穴吹幸平さん(右端)。

s-IMG_1578 (1).jpg

 s-SDIM6915.jpg

s-SDIM6921.jpg

s-SDIM6913.jpg

全てが終わったのは午後8時前。遅い夕食を兼ね近くの居酒屋で乾杯をした。初日の夜に行われる写真研究塾「風」、写真集団「上福岡」のメンバーたちによる身内のささやかな「祝う会」の予約も済ませた・・・。

写真家の木村恵一さん、藤森武さん、鈴木一雄さん、ジャーナリストの新藤健一さん、名古屋在住の写真家・森田雅章さん、音楽家で映画監督でもある金大偉さんなど著名な写真家たちのみなさんが来場すると連絡がきているという。コロナ禍のなか、ありがたいことだと思う・・・。 合掌

s-SDIM6717.jpg

s-SDIM6720.jpg

今回で35回目を迎えた「日本の海洋画展」は、会派の枠を超えて現代画壇で活躍する画家44人が出品している。8月7日、毎年発行している同海洋画展の画集の撮影を協力してもらっている写真家の塩崎亨君と眞月美雨さんとで会場を訪れた。主催者の全日本海員福祉センターのスタッフの人たちと。

s-SDIM6721.jpg

縦位置なのに横にしかできず、見ずらくてごめんなさい~!☆

s-SDIM6723.jpg

s-SDIM6726.jpg

池袋芸術劇場近くの老舗の居酒屋で3人で打ち合わせの後、軽く一杯やって帰った・・・。コロナ感染対策がしっかりと取られていたのには驚いた。

このウェブサイトの写真作品、文章などの著作権は小松健一に帰属します。無断使用は一切禁止します。