写真家 小松健一・オフィシャルサイト / Photographer Kenichi - Komatsu Official Website

写真の最近のブログ記事

s-SDIM3684.jpg

s-SDIM3688.jpg

高知県出身の写真家・角田和夫さん(中央)とリコーイメージングスクエア銀座の阿部さん(左)、写真家の眞月美雨さん。角田さんは来年2月にリコーイメージングスクエア銀座での個展開催も決まっている。

s-SDIM3690.jpg

リコーイメージングスクエア銀座の池永一夫さん(中央)、スタッフと美雨さん。この展覧会の作品販売が現在200万円を超えていると池永さんも興奮気味に語っていた・・・。(12月5日)

s-SDIM3696.jpg

s-SDIM3698.jpg

木下修さんの個展初日の5日に伺った。ユニークな視点で都会の片隅の時の流れを捉えている作品で面白かった。木下さんは、俳句同人「一滴」の仲間でもある。写真は故・岡井耀毅さん、中谷吉隆さんに師事している。会場に近い沖縄料理の店でご馳走になった。感謝~!♡☆ (木下さんと写真家・眞月美雨さん)

s-SDIM3678.jpg

5日、移転した東神田の写真弘社本社に初めて行ってみた。美雨さんのプリントチェクをした後、暗室をはじめ各階を案内してもらった。ビルの玄関前に鎮座するお稲荷様。澁井誠専務と記念写真。

s-SDIM3676.jpg

s-SDIM3679.jpg

直ぐ近くの公園にも立派なお稲荷様が祀られていた・・・。興味深く思ったのは、二つの稲荷様には、それぞれお稲荷様が好物な揚げ物が供えられていたことだ。町内の人たちが毎日お掃除をし、お供えをしているという。この草分稲荷大明神は江戸時代からあったもの。

s-SDIM3683.jpg

s-SDIM3702.jpg

s-SDIM3706.jpg

s-SDIM3713.jpg

12月6日午後2時から5時半まで、東京・六本木にある一般財団法人 日本海員福祉センターにおいて、第30回記念 マリナーズ・アイ展の総括と来年度以降の方向について話し合った。その後、1年間お疲れさまでしたと夕食に招かれた。福井和雄常務理事(中央)をはじめスタッフのみなさん。

s-SDIM3708.jpg

s-SDIM3710.jpg

右から井上厚生部長、事務局担当の飯田さん、福井常務。

s-SDIM3703.jpg

s-SDIM3701.jpg

s-SDIM3712.jpg

鈴木総務部長(左)と福井常務。

s-IMG_6335.jpg

12月3日、写真家の塩崎亨君と第44回伊奈信男賞ならびに第21回三木淳賞の授賞式・受賞パーティーに出席するために出かけたが、僕の完全な思い違いで4日が正しかったのに間違えていたのだ。塩崎君とは久しぶりに新宿であったので昔は、ほぼ毎晩のように飲み歩いていた通称”ゴキブリ横丁”で三軒はしご酒をした。僕の常連の店ばかりであったが、親父さんたちは世代交代でみな変わっていた。中にはすでに亡くなっている方たちもいて、時の流れ早さを師走の寒風のなかで痛感したものである・・・。(モノクロ写真と僕が写っている一部の写真の撮影は塩崎亨君)

s-SDIM3643.jpg

s-SDIM3652.jpg

自写撮り。

s-SDIM3654.jpg

店の雰囲気は変わらないが、お客は外国人が増えていた。一軒目は定番の店。二代目は亡くなり現在は孫がうなぎを焼いていた・・・。

s-SDIM3650.jpg

s-SDIM3658.jpg

s-SDIM3656.jpg

店で隣同士になった恋人たちと・・・。彼氏は歯医者さんだという。二軒目の店で。

s-SDIM3660.jpg

仕上げはこの店。親しかった主人は亡くなり、孫が引き継いでいた。

s-SDIM3664.jpg

s-SDIM3665.jpg

s-IMG_6353.jpg

僕も久しぶりに心地よく深夜までしたたかに呑んだ・・・。

◆令和元年も早いものでもう師走。貧乏写真家にとってはうれしいお歳暮の季節の到来でもある。この時期ほど全国のみなさまの温かい心根に深く感謝することはない。本当にありがとうございます・・・・。 合掌   日本お布施党  党首

☆香川・Sさま 讃岐半生煮込みカレーうどん箱詰め  ☆岡山・Tさま 瀬戸内海産小魚干しセット  ☆長崎・Yさま 山道水産一夜干しセット  ☆東京・KFセンターさま どんこ干し箱詰め  ☆香川・讃岐技の極み細うどん箱詰め  ☆埼玉・Nさま 武州名産手づくり乾麺うどんセット  ☆東京・Tさま RUYSDAELお菓子詰め合わせ  ☆岡山・Hさま  りんごサンふじ5キロ  ☆愛知・Hさま 鎌田醤油詰め合わせ  ☆東京・Fさま 缶ビール詰め合わせセット  ☆埼玉・Nさま 会津の柿一箱  ☆埼玉・Tさま 八頭、里芋、大根、かぶ、薩摩芋など冬野菜  ☆群馬・Kさま 新米、もち米2キロ     

※みなさまのあたたかいお心に深く深く感謝申し上げます   合掌

s-SDIM3506.jpg

s-SDIM3511.jpg

親しい陶芸家の高橋芳宣さんは、二列目右から2人目。彼は昭和49年、新宿柿傳角筈窯で茶懐石の作陶に従事、同時に数寄者・故大河内風風船子の作陶助手を務める 昭和51年、九谷焼・須田青華(3代目)窯に入門 昭和56年、石川県加賀市で独立、月乃桂窯開設 平成4年、群馬県甘楽町へ陶房を移し開窯・甘楽窯 伊勢丹新宿本店をはじめ全国で個展、常設展を開催している。

僕の左は、写真家の天川弘さん。協同組合日本写真家ユニオン理事。2列目左から弟の小松勝三夫婦。写真家・眞月美雨さん。

s-SDIM3505.jpg

会場のノイエス朝日の前の路は、黄葉した銀杏の葉で敷き詰められていた・・・。

s-SDIM3500.jpg

s-SDIM3510.jpg

上州名物ソースカツ丼は美味い。でもこれは本物にはほど遠いソースカツ丼である・・・。

s-SDIM3514.jpg

讃岐の銘酒・「國重」を高松の写真家・寒川真由美さんが送ってくれた。高橋さん、弟夫婦をはじめみんなで試飲をさせてもらった・・・。

s-SDIM3515.jpg

作陶展を見た後、芳宣さんを囲んで呑みに行った。そこの居酒屋で働いていたネパール出身の娘さん。久しぶりにネパールのことを話した。

s-SDIM3519.jpg

s-SDIM3516.jpg

s-SDIM3523.jpg

会場のノイエス朝日の最寄り駅である新前橋駅のホーム。詩人の萩原朔太郎の詩に「新前橋駅」があるが、いまも赤城おろしが吹きすさぶプラットホームだ・・・。

s-SDIM3458.jpg

7か月ぶりの91歳を過ぎた母との再会。施設にいるので見た目は若々しく健康そうに見えるが・・・・。会うたびに少しづつ壊れていく母の姿には胸が痛む・・・・。

s-SDIM3456.jpg

美雨さんも母とは何度も会っているが、毎回違う若い娘さんが来てくれたと母は思っている・・・。

s-SDIM3463.jpg

僕のチベットの帽子を被り照れくさそうにしていた・・・。

s-SDIM3470.jpg

s-SDIM3468.jpg

親父、祖父母などが眠る小松家の墓は、榛名山麓にある・・・。

s-SDIM3473.jpg

s-SDIM3478.jpg

s-SDIM3485.jpg

s-SDIM3489.jpg

実家の庭にあるお稲荷様を掃除して拝んだ。傍らの南天の実が淋しく冬日に光っていた・・・。

s-SDIM3524.jpg

s-SDIM3498.jpg

s-SDIM3502.jpg

昨年7月に何者かによって詩碑の上に旅姿で建つていた若山牧水のブロンズ像が足から切断されて持ち去られたのだ。そして牧水を愛する全国のみなさんの善意で建立されたのは、残念ながらコンクリート製の像だった。それにしてもひどいことをする輩がいるものである・・・。

s-SDIM3503.jpg

s-SDIM3512.jpg

暮坂峠は海抜1000メートルを越すので、陽が傾くと一気に冷え込んでくる・・・。

s-SDIM3527.jpg

s-SDIM3535.jpg

僕が15歳の時に、約20数キロ歩いて暮坂峠の撮影行を独りでしたことがあった。先輩から1日だけカメラを借りて、モノクロフィルム2本と母が作ってくれた握り飯3個を持ってのはじめての旅だった。その時に、上の写真で僕が座っている位置から牧水詩碑を撮ったのが、初めて出品した観光写真コンクールで中之条町長賞を受賞し、地元の新聞に紹介されたことがあった。本家のおばさんたちが喜んで、赤飯やうどんを作って持って来てくれた。このことが写真家となる僕の原点になったのかもしれない・・・。

s-SDIM3513.jpg

中学1年~2年の時の僕のクラスの担任だった市川春男先生(89歳)を旧六合村生須に訪ねた。10年程ぶりの再会だったが昔と変わらずお元気だった。僕が短歌や俳句を詠むようになったのは、先生の影響が色濃くある。中学2年の別れの時に先生が色紙に揮毫してくれた「大志持て貫け己が初一念 岩櫃の空世界につながる」は僕の生き方の指針になっていた。

この9月にも第5歌集『風流日和』を刊行したばかり。現在でも暮坂短歌会を主宰しているのをはじめ、8つの短歌会の選者・講師をしている。僕が訪ねる前に、葉書にしたためてくれた短歌は「教え子のかくまで藍を深めしか 唯々精進の生きざま嬉し」であった・・・。

s-SDIM3522.jpg

s-SDIM3548.jpg

暮坂峠へつながる街道沿いに建つ生須の馬頭観音。

s-SDIM3542.jpg

s-SDIM3541.jpg

s-SDIM3554.jpg

牧水は、上州の吾妻地方を計7回も訪ねている。その最後の旅となった『みなかみ紀行』の道程が暮坂峠越えだった。その道中で牧水が多数詠んだ歌を1キロごとぐらいに道端に立てている。この木ぶみは市川先生の家のすぐ近くに建っていた。

s-SDIM3549.jpg

s-SDIM3582.jpg

「俺もそろそろ遺影の準備をしておかないと・・・」と笑いながら僕のカメラの前に立った・・・。

s-SDIM3575.jpg

生須村を市川先生の自宅の庭から見る。遠くに望むのは浅間山。

s-SDIM3556.jpg

右から次男の小松修二・宇基子夫妻、僕を挟んで三男の小松勝三・美香夫妻。

s-SDIM3559.jpg

次男の小松修二・宇基子夫婦の息子・宗徳の家族と。

s-SDIM3558.jpg

s-SDIM3562.jpg

今年生まれて小松家の一員となった楓ちゃん・・・。

s-SDIM3552.jpg

僕の兄弟夫婦と甥っ子夫婦が集まってくれた。(令和元年11月25日群馬県渋川市にて)今年3月~4月に僕が前橋で個展を開催した時に集まってくれた以来だった・・・。感謝~!♡☆

s-SDIM3585.jpg

渋川で泊まったホテルの窓からの国道17号線・・・。

s-SDIM3372.jpg

s-SDIM3378.jpg

美雨さんが着ているTシャツは、中国貴州省草海の夏空をモチーフにデザインしたオリジナル。ユニクロのサイトでパーカーやバックなどいろいろなものが、彼女の撮影・デザインの特製オリジナル版として「miuart」のブランドで購入することができます。

◆申し込み先:https://utme.uniqlo.com/jp/front/mkt/show?id=341483&locale=ja

s-SDIM3381.jpg

正面奥が作者の小林修君。朝日新聞出版部写真部長。直接、司馬遼太郎さんには会ったことがないという。僕は何度かお会いして写真を撮らせてもらっている・・・。六本木のフジフィルムスクエアの会場に来る前に、ギャラリーシリウス、銀座アートグラフ、キャノンギャラリー、AKIONAGASAWAGINZAなどを巡ってきた。(株)写真弘社では久しぶりに澁井専務とプリントの打ち合わせをした。

s-SDIM3379.jpg

s-SDIM3385.jpg

s-SDIM3389.jpg

東京ミッドタウンで写真家・眞月美雨さん。11月19日。

s-SDIM3392.jpg

s-SDIM3393.jpg

千代田路子さんを囲んで。タムロンの広報宣伝室・室長の齋藤さん(右)と美雨さん。11月19日初日のオープニングパーティで。

s-SDIM3397.jpg

写真家の内田勲さん(左)。公益社団法人日本写真協会理事、俳句同人「一滴」事務局長など務めている・・・。

s-SDIM3400.jpg

写真家の若山美音子さんと。日中写真交流協会会長も務めている。一応僕も顧問。

s-SDIM3398.jpg

写真家の石川武志さんと。ユージンスミスの水俣時代の助手としても知られている。

s-SDIM3402.jpg

s-SDIM3404.jpg

s-SDIM3406.jpg

中央奥は最近モンゴル取材から帰国したばかりの清水哲朗君。

s-SDIM3408.jpg

左から写真家の今井田さん。日本写真作家協会理事、日本写真著作権協会理事など務めている。僕の右隣りは写真家の宅島正二さん。協同組合日本写真家ユニオンの創設時代に理事として大きな役割を果たしている。

s-SDIM3412.jpg

毎年のように大酉祭には参拝に来ている。以前はよく浅草の大鳳神社の酉の市も行ったが、ここ最近は新宿の花園神社が多くなった。あ~あまた1年間無事に過ごすことができたと感謝の気持ちをこめて、熊手を求めて帰路につくのである・・・。

s-SDIM3410.jpg

s-SDIM3420.jpg

s-SDIM3415.jpg

s-SDIM3422.jpg

s-SDIM3425.jpg

s-SDIM3427.jpg

s-SDIM3431.jpg

s-SDIM3436.jpg

今年の二の酉は11月20日。19日は前夜祭とは言え、思ったよりも大混雑。参拝したあと、社務所で熊手を求めてから少し写真を撮った。鳥居の前の出店でお神酒をいただいて家路を急いだ・・・。

s-SDIM3440.jpg

ぼくの事務所兼書斎の「孤独の窓」へ、冬日がわずかに差し込んだ・・・。

s-SDIM3444.jpg

11月20日、お休みの会員がいて少しさみしい例会だった・・・。

s-SDIM3446.jpg

s-SDIM3449.jpg

35年間「写真集団・上福岡」の会員として事務局を担当してきた山本恵子さん(左)。現在は会の顧問。時々例会にも顔を出すようになった・・・。

s-SDIM3447.jpg

s-SDIM3450.jpg

自宅の卓袱台で一杯のむと無性に眠りたくなり、1時間~2時間程仮眠するのが日課。そして目が覚めてからまた飲み始めるのだ・・・。

s-SDIM3245.jpg

11月7日、正午にNHK福岡放送局の報道番組ディレクターのM氏が、取材したいと訪ねて来たので2時間程対応した。その後、都内の写真展を巡ったが、時間切れで六本木、銀座で見ようと思っていた3つの写真展は回れなかった。 まず最初に松本さんの写真展へ行った。現在松本さんは、公益社団法人日本写真家協会副会長、日本写真著作権協会専務理事など務めている。(松本徳彦さんを囲んで写真家・大西みつぐさんと)

s-SDIM3251.jpg

s-SDIM3247.jpg

s-SDIM3259.jpg

s-SDIM3255.jpg

s-SDIM3257.jpg

写真家・今森光彦さん。彼とは2005年に日本写真協会賞年度賞を一緒に受賞した。同時に作家賞を受賞したのが木之下晃さん、坂田栄一郎さん。功労賞受賞者が東松照明さん、奈良原一高さんなどと僕を除いてはそうそうたる顔ぶれだった。あれからもう15年の歳月が流れた。東松さん、木之下さんは鬼籍に入られ、奈良原さんは長い間眠ったままである。・・・。

s-SDIM3264.jpg

s-SDIM3260.jpg

s-SDIM3262.jpg

写真家・白鳥真太郎さんと。現在、公益財団法人日本広告写真家協会(APA)会長も務めている。写真展会場のある品川駅駅前で、写真家の熊切大輔君とばったり会った。お父さんの熊切圭介さんの様子など聞いた・・・。

s-SDIM3275.jpg

写真研究塾「風」の元同人であった千代田路子さんの作品の前で。出品者の片桐春海さんと「風」同人の眞月美雨さん。

s-SDIM3273.jpg

東京の街は、クリスマスにはまだ早いけれども、イルミネーションで飾られ始めている・・・。

s-SDIM3170.jpg

10月30日午後1時、池袋にある東京芸術劇場で写真家・森住卓さんと会った。2日前に突然電話があり、7~8年ぶりの再会だった。昼飯を食べながら1時間、その後5時過ぎまで喫茶店でじっくりと話合った。主には彼がこの8年間余り撮影し続けてきた福島の原発事故関連の作品集の発行についてだった。森住君とはかれこれ47年間、僕が上京した1972年からの付き合いだ。それで彼の撮影した写真を見ながら発行の実現に向けて相談に乗ったのである・・・。迫真力のある作品集になりそうだ~!♡☆

s-SDIM3187.jpg

s-SDIM3196.jpg

s-SDIM3197.jpg

今回の例会は、9月に熱海で行われた合宿に引き続き参加者が少なく寂しいものであった。しかし、一人一人にかける時間はたっぷり。中身の濃い例会となった。具体的には来年の個展に向けての作品がほぼ決定した塾生が2人、写真集発行を目指し作品が固まりつつある塾生が1人生まれた。例会会場前で記念写真。後方は工事が終わりオープンを準備しているパルコ。

s-SDIM3204.jpg

s-SDIM3205.jpg

先日のハロウィーンで盛り上がった渋谷センター街。例会の後のいつもの懇親会は、このセンター街にある老舗の居酒屋。僕は40年前から顔を出している・・・。

s-SDIM3208.jpg

s-SDIM3211.jpg

s-SDIM3137.jpg

s-SDIM3142.jpg

s-SDIM3152.jpg

朝夕がめっきり冷え込むこの季節になると、どうしても体の芯までが温まる鍋物が多くなる。週に3日は我が家は鍋料理だ。具材はあるものを何でもぶち込めばいいから楽は楽だが、味付けのバリエーションには神経を使う・・・。

s-SDIM3176.jpg

s-SDIM3162.jpg

豚足のぴり辛煮つけ。

s-SDIM3149.jpg

初登場の野菜たっぷり長崎ちゃんぽん。

s-SDIM3164.jpg

s-SDIM3221.jpg

s-SDIM3184.jpg

さばの漬物と新生姜のお茶づけ。

s-SDIM3179.jpg

s-SDIM3229.jpg

大根と鶏肉の煮物。

s-SDIM3215.jpg

s-SDIM3235.jpg

s-SDIM3239.jpg

かぶと柿、ピーマン、パプリカのオリーブオイルサラダ。

s-SDIM2987.jpg

s-SDIM2982.jpg

s-SDIM2988.jpg

s-SDIM2997.jpg

s-SDIM3006.jpg

s-SDIM3009.jpg

s-SDIM3012.jpg

s-IMG_1165.jpg

s-SDIM3024.jpg

今春からテーマとしている”競走馬との生きる”の取材のために、北海道・日高へ1年間の計画で移り住んでいる写真研究塾「風」の会員だったU君が、獲りたての日高ブランド銀毛鮭の「銀聖」を送って来てくれた。早速、刺身や焼き塩鮭にしたり、親子丼にして頂いた。感謝~!♡☆ 合掌

s-SDIM3070.jpg

s-SDIM3071.jpg

s-SDIM3029.jpg

s-SDIM3034.jpg

s-SDIM3053.jpg

s-SDIM3037.jpg

s-SDIM3044.jpg

s-SDIM3045.jpg

s-SDIM3056.jpg

s-SDIM3059.jpg

s-SDIM3064.jpg

s-SDIM3062.jpg

s-SDIM3076.jpg

s-SDIM3089.jpg

s-SDIM3093.jpg

s-SDIM3102.jpg

s-SDIM3124.jpg

s-SDIM3119.jpg

s-SDIM3118.jpg

s-SDIM3129.jpgs-SDIM3132.jpg

s-SDIM3080.jpg

10月23日、「写真集団・上福岡」の10月例会が、ふじみ野市西公民館において行われた。終了後、会員有志で駅前の居酒屋で、一杯やりながら写真談議に花を咲かせた。僕は1週間ぶりの外出だったので少々足元がふらついた・・・。

s-SDIM3082.jpg

s-SDIM3085.jpg

s-SDIM3084.jpg

s-IMG_1150.jpg

s-SDIM2827.jpg

s-SDIM2828.jpg

s-SDIM2838.jpg

s-SDIM2839.jpg

s-SDIM2830.jpg

s-SDIM2843.jpg

s-SDIM2846.jpg

s-SDIM2833.jpg

s-SDIM2849.jpg

s-SDIM2845.jpg

s-SDIM2835.jpg

s-SDIM2850.jpg

 

s-SDIM2740.jpg

29日、東京駅発、9:09発熱海行きアクティーに乗ったら、途中何度も停止して50分ほど遅れた。多摩川の鉄橋の真ん中でもしばらく止まっていた・・・。

s-SDIM2743.jpg

s-SDIM2749.jpg

s-SDIM2745.jpg

今回は20数回の合宿のなかでは、最低人数の参加者だった。しかし人数が少ないと言うことはそれだけ1人1ひとりたっぷりと時間を取って合評ができると言うこと。福浦港の天恵丸・佐々木船長(真ん中)が突然参加した。午前中釣りに出て明日の懇親会用の魚は釣ってきたという。

s-SDIM2747.jpg

s-SDIM2758.jpg

s-SDIM2763.jpg

s-SDIM2767.jpg

s-SDIM2768.jpg

s-SDIM2771.jpg

s-SDIM2760.jpg

夕食を兼ねた交流会もファミリーのようで楽しかった・・・。

s-SDIM2774.jpg

s-SDIM2776.jpg

夕食を終えてからの交流会の2次会も全員参加。一番遅いグループは午前2時過ぎまで白熱した写真談議を交わしていた。突然参加できなくなった中村咲さんが、差し入れてくれた日本酒2升。そのうちの1本は讃岐の銘酒「國重」。寒川さんの作品集の中に出てくる酒である。ありがとうね~!。

s-SDIM2782.jpg

午前1時頃の熱海の夜景。僕の部屋からの撮影。

s-SDIM2787.jpg

30日午前5時30分に撮影した熱海の朝焼け。

s-SDIM2793.jpg

s-SDIM2797.jpg

久しぶりに使った「かんぽの宿熱海本館」ロビーで記念写真。

s-SDIM2803.jpg

s-SDIM2812.jpg

左端が佐々木船長。佐々木君とは漁師になる前、もう30年程前からの付き合いだ・・・。

s-SDIM2810.jpg

s-SDIM2800.jpg

懇親会のお店は毎度馴染みの真鶴駅前の「大松」。上のカサゴは、午前中に佐々木船長が釣り上げてきたもの。その他の魚もみな昨日釣ったものだ。料理は大松の大将。

s-SDIM2806.jpg

s-SDIM2814.jpg

参加したみなさん、お疲れさまでした~!♡☆

s-SDIM2667.jpg

s-SDIM2676.jpg

2019(令和元)年9月26日。我が家の前の夕暮れ。いつの間にか秋の気配が漂っていた・・・。

s-SDIM2703.jpg

s-SDIM2701.jpg

リコーイメージングスクエア銀座ギャラリーA.W.Pの阿部さん。見ごたえのある作品展だった。

s-SDIM2717.jpg

s-SDIM2710.jpg

s-SDIM2712.jpg

大車輪で活躍中の写真家・公文健太郎君(中央)。

s-SDIM2637.jpg

熊谷守一さんを撮影した展示作品前で、写真家・藤森武さんを写す。(2019年9月22日)

s-SDIM2627.jpg

s-SDIM2622.jpg

s-SDIM2619.jpg

s-SDIM2634.jpg

s-SDIM2598.jpg

中国の写真家・陳亮君と個展会場で。

s-SDIM2603.jpg

s-SDIM2605.jpg

渋谷駅周辺の再開発現場。

s-SDIM2607.jpg

渋谷駅ハチ公の銅像。

s-SDIM2556.jpg

s-SDIM2561.jpg

「写真集団・上福岡」9月例会が、9月18日ふじみ野市西公民館において開かれた。

s-SDIM2553.jpg

s-SDIM2573.jpg

s-SDIM2565.jpg

s-SDIM2564.jpg

s-SDIM2576.jpg

s-SDIM2580.jpg

s-SDIM2641.jpg

s-SDIM2584.jpg

早いものでもう鍋が合う季節に・・・。この日はシンプルに豆腐、椎茸、ネギ、白菜の鍋物。

s-SDIM2587.jpg

s-SDIM2594.jpg

このウェブサイトの写真作品、文章などの著作権は小松健一に帰属します。無断使用は一切禁止します。