写真家 小松健一・オフィシャルサイト / Photographer Kenichi - Komatsu Official Website

写真の最近のブログ記事

 

s-SDIM5777.jpg

2018年2月6日、18:30からニコンプラザ新宿において第17回「フォトシティさがみはら」プロの部入賞作品展のオープニングレセプションが開かれた。右からさがみはら写真賞を受賞した浜昇さん、次いでさがみはら写真新人奨励賞の金山貴宏さん、豊里友行さん。

s-SDIM5781.jpg

「沖縄という名」の作品で受賞した浜さん。東松照明さんのワークショップを受けている。娘さんのとお孫さん。左隣は東松照明さんの奥様の泰子さんとギャラリー新居・東京のスタッフ。

s-SDIM5772.jpg

豊里君の作品「オキナワンブルー」の前で。彼は僕の古い友人である写真家・樋口健二さんの教え子である。兎も角、おめでとう~!♡☆

s-SDIM5785.jpg

あいさつに立つプロの部 審査員の写真家・江成常夫さん。いつもながらの熱の入ったあいさつだった・・・。

s-SDIM5778.jpg

 

s-SDIM5788.jpg

豊里君が尊敬する江成さんと記念写真を自身の作品の前で撮った・・・。

s-SDIM5789.jpg

 

レセプションが終了後、豊里君と写真学校時代の同期生(竹内敏信ゼミ生)と一緒に新宿の「ぼるが」へ行った。豊里君は俳人としても知られていて、昭和の俳人たちのたまり場であった「ぼるが」に行きたいということと、僕が彼の作品『オキナワンブルー』をこの賞に推薦したこともあった。この2人とは初対面だったが彼らの先生が僕の親しい友人だったことあり、直ぐに打ち解けた・・・。

 

s-SDIM5794.jpg

 

s-SDIM5796.jpg

「もう一軒行きましょう~!」というので、近くの通称「ゴキブリ横丁」へ行って一杯呑んで別れた。彼らとは25歳くらいの年の差、少々疲れたのである・・・。

s-SDIM5763.jpg
この日の例会の提出作品は、すべてモノクロ作品であった・・・・。
s-SDIM5767.jpg

s-SDIM5770.jpg

例会の最後に1年間で獲得した総合得点の発表があった。 2017年度 第1位の竹川義之さん(前列右)には、「小松健一賞」が贈られた。第2位は野崎英一さん(前列左)。野崎さんには、「新人賞」。それぞれ僕のシルバープリントが贈られた。

◆2018年度の第36回「写真集団・上福岡」写真展の日程が正式に決まった。6月15日(金)~19日(火)まで。志木駅前の丸井デパート8F。

 

今日は節分、我が家では豆撒きも、恵方巻きもない・・・。でも現在の日本の大方の家庭が節分をそんな風に迎えているのではないかと思う。昨日は、首都圏に今季二度目の積雪があった。明日は立春だと言うのに・・・。

s-SDIM5747.jpg

この日は、午前中から東京印書館の高栁昇役員らと一緒に4月刊行の僕の著書『民族曼陀羅 中國大陸』のパンフレットの色校チェツクをするために、10時前に家を出た。最寄り駅に向かう途中の道。

s-SDIM5745.jpg

 

近所の農家。本格的な降りになっていて自転車では、危ないので徒歩にした。

この日は、東京印書館の後、銀座にある写真弘社で渋井誠専務取締役と今月21日から始まる作品展「彜族ー中国大陸の山岳民族」のプリントテストの仕上がりについての打ち合わせをした。そして最後は、神田神保町にある勉誠出版の岡田林太郎社長と4月刊行の著作についての編集作業と打ち合わせをしたのだ。作業終了後、岡田社長と神田界隈で新年会を兼ねて一杯やった。心温まる気持ちの良い酒であった・・・。 合掌

s-SDIM5743.jpg
見覚えがあると思うが家の玄関前の畑。前回の雪がまだ解けていなかったこともあり、雪原になっていた・・・。 2018年2月2日10:00頃に撮影
s-SDIM5735.jpg

s-SDIM5736.jpg

s-SDIM5738.jpg

上記、3点は1月31日に家の前から見られた皆既月食。赤銅色になるのが特徴だと言う。ASA800が限界のカメラ、さらに手持ちなのでこういう写真になった。でも、僕は好きだ~!☆☽

s-SDIM5635.jpg

 

我が家の簡単・安い冬の献立は、暖房器具をあまり使わない家なので、どうしても温かい鍋料理が多くなる。青野菜はメチャ高いので主流は、もっぱらもやしなど。さらに安価なコンニャク、いわしのつみれ、キノコ類、鶏肉などなどです。何度も言うようだが、出汁さえきっちりしとけば食材に沁みてうま味がますのである・・・・。

s-SDIM5628.jpg

珍しい昔ながらの焼きそば。

s-SDIM5619.jpg

豆腐チャンプル。鳥皮とニラが入っている。

s-SDIM5623.jpg

姫ホタテ貝が170円と安かったので、酒蒸しに・・・。野菜では安い水菜を添えて。

s-SDIM5631.jpg

今の時期、ホッケが旨いが一尾7~800円はするが、たまたま2尾360円で売っていたので買い求めて来た。少し小さめだが脂がのっていて美味かった。

s-SDIM5653.jpg

水菜とベーコンのサラダ。

s-SDIM5680.jpg

s-SDIM5688.jpg
鳥のむね肉などが安い。下味をして少しおいてから焼いた。蒸したキャベツを添えた。
s-SDIM5691.jpg
寒い夜はおでんに限るね・・・。具は安いコンニャク、がんもどき、はんぺんなど。この日は余っていたマッシュルームを入れた。
s-SDIM5695.jpg
簡単~!親子丼といってもご飯は別に・・・。鶏肉、卵、長ネギのみ。
s-SDIM5748.jpg

 

余り物野菜の特製スープ。ニンジン、サツマイモ、玉ねぎ、カボチャに鶏肉。少し炒めたあとじっくりと弱火で煮込んだ。味付けはブーヨンなどを入れた。カレー粉などは入れていない。この色合いはカボチャだ。体が芯まで温まるよ~!♡☆

 

 

本展は、何よりもアリゾナ大学クリエイティブ写真センター(CCP)に保管されている貴重なスミスのビンテージ・プリント作品、約150点展示していることが最大の魅力である。ユージン・スミスの精神性とジャーナリズムの原点を見つめなおす絶好の機会だ・・・。

s-SDIM5696.jpg

 

s-SDIM5700.jpg

 

s-SDIM5704.jpg

同美術館で開催していたもう一つの企画展「ウジェーヌ・アジェのインスピレーション ひきつがれる精神」も観た。フランスの写真家アジェ(1857~1927)が後世の写真家にどのような影響を与えたかを探る展覧会だ。この展覧会にはアジェの他に、マン・レイをはじめ、日本の写真家では荒木経惟、森山大道、深瀬昌久などの他に海外の写真家5人が出品している。僕も若い頃にアジェの作品に触れ衝撃を受けた。金もないのに作品集を何冊も買い求め、ずい分と影響を受けた・・・。

s-SDIM5706.jpg
東京都写真美術館へ行く壁面に展示された写真の前で・・・。
s-SDIM5709.jpg
二つの充実した展覧会を見たあと、僕はなけなしの金をはたいて、それぞれの展覧会の写真集2冊をを購入した。それだけの価値はあると思ったからだ。 ビール党の写真家・眞月美雨さんに「せっかく恵比寿に来たのですから旨いビールを一杯だけ飲んでいきましょう」と誘われてビール ステーション恵比寿へ寄った。結局は一杯では終わらずに二杯目を・・・・。
s-SDIM5711.jpg

s-SDIM5713.jpg

s-SDIM5715.jpg

この日は、実は僕にとってはちょつぴりとうれしい日であった。それは伸び伸びになっていた4月刊行予定の僕の著作『民族曼陀羅 中國大陸』の印刷が(株)東京印書館にようやく決まり、来週にはパンフレットの色校正が出るという道筋が決まったからだ。であるから普段あまりビールは飲まない僕にとっても格別にビールが旨いと思ったのである・・・・。 合掌

 

s-JIKKOU004.jpg

 

彜族出身の写真家・烏里烏沙君と僕とでこの写真展の企画を話し合ってから、かれこれ7~8年は過ぎたろう。その間毎年、彜族が暮らす村々を訪ねた。僕だけですでに16回になる。僕が彜族の人たちに初めて触れ合えたのは、1998年11月だから、ちょうど足掛け20年目となった。四川省、雲南省、貴州省が主な取材地だった・・・。

今回の作品展は、その中から精選した60点を展示する。全倍サイズ10点、大全紙サイズ50点だ。烏里君は自らの民族の視点から、僕は異邦人としての視点で迫った。ギャラリートーク(無料)も4回予定しているので、彜族をはじめ中国大陸に暮らす民族に興味がある人は気軽にお越しください。会場内に彜族の日常生活に使用する食器や衣類なども展示する予定です。

 

s-JIKKOU003.jpg

 

◆彜族についての簡単な説明をDMに書きました。ご参考にしてください。

 

s-1802211830334.jpg

◆初日の2月21日にはオープニングレセプションを上記のように催すことになりました。奄美群島から奄美島唄の第一人者である唄者、2人が来てお祝いの唄を。中国からは二胡、琵琶の若い奏者が来て奏でてくれます。さらに評劇女優も参加し、会を盛り上げてくれます。

◆美味しい彜族料理をはじめ、手作りの家庭料理。お酒は、奄美黒糖焼酎、薩摩芋焼酎の名酒と中国の白酒の銘酒をご堪能いただきます。ふるってご参加ください・・・。 合掌

 

s-SDIM5583.jpg

 

師走のとある日、江成さんから手書きの封書が届いた。それがこのパーティーの案内状であった。1月9日午後6時から新年会を兼ねてやるので、ぜひに来てくださいと結んであった。 左から江成常夫さん、田沼武能さん、熊切圭介さん。こんな日本写真界の豪華メンバーがそろうのは、滅多にないので撮らしてもらおうと声をかけたら、弟子の眞月美雨が「先生も入ってください~!」と言うので大御所と並んで記念写真。美雨も緊張していたのか、3カット撮って使えるの上記の写真だけ。後はひどいブレ写真であった。無理もないか・・・。 でも背後には、4色の虹のようなオーラまでもが写っているから凄い・・・。

s-SDIM5581.jpg

写真家は少なく、業界、マスコミ関係者が圧倒的に多かった・・・。

s-SDIM5588.jpg

なかでも女性写真家は沼田早苗さんだけだった。しばらく昔話など色々な話が弾んだな・・・。

s-SDIM5580.jpg

 

江成さんの写真展へ行く前に、新宿御苑前のアイデムフォトギャラリー「シリウス」で開催している野町和嘉写真展「異境エチオピア」をみて、四谷のポートレートギャラリーでしている中村征夫写真展「極夜 地球最北の村、シオラパルクへ 1977」に寄った。そうしたら中村さんがいた。毎日会場に来ているという。「僕自身の写真展だもの・・・」と笑って言った。

僕が3年間担当していた奄美市美術展覧会の審査員を今年から中村さんにバトンタッチしたということもあり、30分程色々な話をした。僕も20数年前に人間が暮らす地域でマイナス72度という世界一寒い土地として知られるシベリアのオイミヤコンへ取材に行ったことがあると話すとビックリしていた・・・。 写真は、中村さんのファンでもあるという写真家・眞月美雨さんと会場で。

 

s-SDIM5534.jpg

 

s-SDIM5537.jpg

六本木にあるフジフィルムスクエア写真歴史博物館で3月31日まで開催。モノクロプラチナシルバープリントによる作品群は歴史の重厚さと深みがあった。必見の写真展だ・・・。

s-SDIM5535.jpg

同会場で1月11日まで行っているフジフイルムスクエア開館10周年記念写真展として白籏さんの日本の山岳写真展をしている。銀塩フイルムでの撮影で、大プリントに引き伸ばしてあるので迫力があった・・・。

s-SDIM5541.jpg

出展者は、山村雅昭・深瀬昌久・平敷兼七・山崎博・鈴木清・田原桂一の6人の写真家。なかでも特に親しかったのは沖縄の平敷さん、長野生まれの山崎さん。でもみんな鬼籍に入られた・・・・合掌  全作品プラチナシルバープリント作品で素晴らしかった(銀座ニコンサロンは1月23日まで。大阪ニコンサロンは2月1日~14日まで)

s-SDIM5545.jpg

ポートレートギャラリー新春企画展として開かれた中村征夫写真展。日本写真文化協会の新年会も兼ねているので、身動きが出来ないほどの人、人、、人であった。、左から僕、タムロンの斉藤久美子部長、主役の中村征夫さん、タムロンの千代田路子顧問。

s-SDIM5548.jpg

 

s-SDIM5546.jpg

写真家・安珠さん。「お久しぶりですね、お元気でしたか・・・」と何故だか声をかけられたのでパチリ~!☆

s-SDIM5547.jpg

 

s-SDIM5544.jpg

現在、新進気鋭の写真家として注目され、大活躍の清水哲朗君(左)と公文健太郎君。公文君とはこの一年間、カメラ雑誌「フォトコン」での審査を担当することになっている。

s-SDIM5543.jpg

この日、一緒に写真展巡りをした写真研究会「風」同人である写真家・塩崎亨君の撮影。

s-SDIM5549.jpg

午後6時30分から始まったアイデムフォトギャラリー「シリウス」の年頭企画展でもある野町さんの写真展。会場はたちまち一杯となった。あいさつをするエチオピア大使館の方や文化功労者の田沼武能さん。

s-SDIM5554.jpg

 

s-SDIM5562.jpg

右から日本ジャーナリスト会議役員の酒井憲太郎さん、野町さん、フォトジャーナリストの新藤健一さん、左端は野町さんの夫人である写真家・榎並悦子さん。

s-SDIM5555.jpg

右から公益社団法人日本写真家協会名誉会員の中谷吉隆さん、熊切圭介会長。

s-SDIM5560.jpg

野町さんと写真家で映画監督の石川梵君。話題となったネパールのドキュメンタリー映画に続き、今、クジラ漁をする海の民の映画を製作中だという。

s-SDIM5557.jpg
タムロンの人たちと。右端は日本写真著作協会理事の今井田琇子さん。
s-SDIM5558.jpg
左からフォトエディターの妹尾三郎さん、僕、そして公益社団法人日本写真家協会常務理事の加藤雅昭君で~す!!
s-SDIM5568.jpg
少し早めにレセプションを抜け出して、塩崎君と軽く一杯~!~!☆ 12月中は20日間近く九州に撮影で缶詰状態で帰京したのは29日の深夜、忘年会などにも一切出れなかったのだ。そのため新年の乾杯をしたのである・・・。僕は奄美・喜界島の黒糖焼酎「朝日」のロック。塩崎君は蕎麦焼酎の蕎麦茶わりを呑んだ。久しぶりの歓談だった・・・。
s-SDIM5572.jpg

締めは胡麻蕎麦の板もりと春菊のかき揚げ。お疲れさまでした・・・。 合掌

 

s-SDIM5449.jpg
2017 恒例♡”ぶどうぱん社の最後の望年会””参加者で記念写真。この他に2人が遅れてきた。
s-SDIM5447.jpg

s-SDIM5448.jpg
午後3時から6時過ぎまで居酒屋三福で。2次会は6時半から韓国料理南大門で・・・。
s-SDIM5451.jpg
今年は91歳の中村咲さんが風邪で参加できなかったので、84歳の俳人の笠原さん(左)、83歳の写真家・利根川さんが長老だった・・・。乾杯の音頭と締めのあいさつはこの2人にやってもらった。また、参加者全員が2017年を振り返るとともに新年度の抱負を語った・・・。
s-SDIM5453.jpg
場所を韓国料理・南大門に移して二次会をした。右手前の遠藤さんと一番奥の烏里君が新たに二次会から参加した・・・。総勢13人~!☆
s-SDIM5455.jpg

s-SDIM5457.jpg

s-SDIM5402.jpg

12月15日から富士フォトギャラリー銀座で開かれた日本中国友好写真協会展の初日の朝に会場の僕宛てに届けられた花束。贈ってくれた方は「禧代子」さん。ありがとうございました。花瓶がなかったためにしおれ始めていたが家に持って帰り、活け直したらたちまち元気に。1月4日現在、まだまだ咲き誇って、我が家を明るくしてくれている・・・・。感謝~!☆

s-SDIM5430.jpg
12月26日、写真研究会「風」の2017年度合宿の実行委員会が東京芸術劇場で行われた。手前から海野君、長谷川君、僕・・・。
s-SDIM5437.jpg
会義が終了後、先に会議を終えていた日本中国友好写真協会の事務局メンバーと理事長たちの忘年会に合流した。僕は用事があったので1時間半ほど遅れて参加・・・。左は理事長の烏里君。
s-SDIM5433.jpg
お蚕さんの幼虫の唐揚げ・・・。
s-SDIM5439.jpg
四川省の白酒を呑む左から会長の僕、事務局長で常務理事の岩崎さん、常務理事の大岩さん。
s-SDIM5434.jpg
血で作った豆腐が唐辛子とニンニクの海に泳いでいる。四川料理の名物。
s-SDIM5428.jpg

 

◆今年もあとわずか、最後にみなさまの温かい心使いに深く感謝申し上げます。 合掌 日本お布施党 党首

☆東京 Sさま ジャガイモ・メークイン、信州安曇野無農薬りんご、長芋  ☆埼玉 Rさま 白菜キムチ、ヤーコン芋  ☆埼玉 Nさま 芋焼酎・黒霧島  ☆東京 Mさま 栗焼酎・ダバタ火振り  ☆埼玉 Tさま 大根、焼きビーフン、台湾名物・里芋もち  ☆東京 Nさま 無農薬サツマイモ、キャベツ、落花生、六条麦茶

※本当にありがとうございました。2017年も終わります。新しい年を愉快で有意義な年となるようにお互いに精進してまいりましょう・・・・。 合掌

 

s-SDIM5366.jpg

日本中国友好写真協会第1回公募写真展の最終日に、「フォトコン」編集部の坂本太志副編集長(中央)が来てくれた。左は当協会理事長の烏里烏沙君。

s-SDIM5369.jpg

 

初めての展覧会だったが、6日半で約2、500人の来場者があった。一日平均350人を超える。この入場者数は、会場の担当者によれば通常の写真展の入場者数を500人以上は上回るそうだ。公益社団法人日本写真家協会会長の熊切圭介さんをはじめ、同協会専務理事の山口勝廣さん、探検家で世界的な登山家の中村保さん、環境生物学者の伊藤俊洋さんら幅広い各界の人々が来場してくれた。会長としても心からの感謝を申し上げたい・・・・。 合掌

s-SDIM5372.jpg

 

こだわりの釣師が愛用する釣り具専門店「PRO SHOP MOGI」の店内とオーナーの茂木陽一君。手にするのは、今年カナダで400㎏のマグロを釣り上げたときに使用していた竿。僕にも持たしてくれたがけっこうな重量があった。茂木とは中学時代は剣道を通じて知り合い、高校の時には同じクラスだった。つまり数少ない同級生だ。昨年奇遇にも46年ぶりに東京で再会した。そして今年6月には一緒にチベット東部を旅し、来年6月にはまた中国黄河中流域から、長江上流に向かって旅する計画を立てている。不思議な縁ではある・・・・。 合掌

s-SDIM5378.jpg
チベットへ同行した仲間たち6人が集まった。全員で鹿児島からの参加をふくめて8人だから、”チベットの旅同級会”みたいなものだ。
s-SDIM5382.jpg
九州地方や富山からの参加者もいて会場は定員を超えて大いに盛り上がっていた・・・。
s-SDIM5383.jpg

s-SDIM5377.jpg
玄界灘で茂木君らが釣って来たガレ(関東地方などではくえ)と呼ばれるなどハタ科の魚。白身の肉は美味で刺身、ちりなべなどに賞味される。僕も久しぶりに旨い鍋料理を食べ満足だった・・・。遠い横浜のあずみ野までこれで来た甲斐があったというもの・・・。
s-SDIM5390.jpg

s-SDIM5387.jpg
高価な釣道具などが多数景品となっていたくじ引き大会(ビンゴ―ゲーム)が人気があった。僕もルアーが2つ当たった。釣り師たちによれば「それ1つで7~8、000~円、はしますよ」だって・・・。(=^・^=)に小判だね~!!
s-SDIM5380.jpg
来年6月~7月の「世界8番目の奇跡」太行山山脈奥、絶壁に彫られた路から古村落と古都洛陽・西安、三国志遺跡 閬中・漢中を訪ねる旅」に参加予定のメンバーたち。左端がこの日の宴会の主催者・茂木陽一君で~す。
s-SDIM5393.jpg

全員が日本中国友好写真協会のメンバー。右の一心塾前代表取締役・田代英寿さん、左の眞月美雨さん、鄙敏俐さんは理事でもある・・・。お疲れ様でした~☆  僕は奄美の黒糖酒を気持ちよく飲み過ぎて、愛用のカメラを忘れて来てしまった。(;´д`)トホホ・・・。でもすぐに茂木君が気ずいてくれて、送ってきてくれた。ありがとう~☆♡  合掌

 

s-SDIM5266.jpg

s-SDIM5260.jpg
右端はこの日の司会進行を担当した写真研究会「風」事務局長の鈴木渉さん。
s-SDIM5276.jpg
この日の主役である写真家・中村咲さんと93歳の旦那さまと・・・。
s-SDIM5277.jpg

s-SDIM5286.jpg

s-SDIM5287.jpg

s-SDIM5290.jpg

s-SDIM5292.jpg

s-SDIM5293.jpg
展示された全作品はこの10月に僕と同行した中国青海省、内モンゴル自治区、甘粛省で撮影したものだ。
s-SDIM5295.jpg
お祝いに駆けつけた写真研究会「風」、写真集団・上福岡、日本中国友好写真協会のメンバー。大阪や長野からも来てくれた・・・。
s-SDIM5278.jpg

s-SDIM5307.jpg

 

s-SDIM5279.jpg

s-SDIM5305.jpg

s-SDIM5274.jpg
咲さんが奄美から取り寄せた黒糖焼酎。1升ビン10本と900㎖が20本。どれもなかなか手に入らない名酒だ。
s-SDIM5301.jpg

お礼のあいさつをする中村咲さん。

s-SDIM5281.jpg

s-SDIM5306.jpg

s-SDIM5310.jpg

 

s-SDIM5248.jpg
12月15日、ふじみ野市西公民館において写真集団・上福岡の2017年度最後の例会と忘年会が行なわれた。参加した会員たち。山本恵子名誉会員、田中栄二前会長のとみ子夫人がゲストとして参加してくれた。
s-SDIM5210.jpg

s-SDIM5211.jpg

s-SDIM5220.jpg

s-SDIM5225.jpg
松村会員の蕎麦打ちは名人級。僕も含めてみな楽しみにしている・・・。包丁に写っているのは僕でした・・・。
s-SDIM5234.jpg
山本名誉会員。
s-SDIM5240.jpg
持ち寄った手作り料理。
s-SDIM5226.jpg
合評もがっつりとやった・・・。
s-SDIM5228.jpg

s-SDIM5231.jpg

s-SDIM5242.jpg
窓からは師走の澄み切った夕暮れがきれいだった・・・。
s-SDIM5246.jpg

s-SDIM5251.jpg
田中栄二前会長ご夫妻。
s-SDIM5245.jpg

s-SDIM5258.jpg
事務局を担当している一瀬邦子会員の熱唱を聞く・・・。
s-SDIM5335.jpg
12月17日、今年度最後の写真研究会「風」の例会が渋谷で行われた。左から4人目の平元盛親君は久しぶりの名古屋からの参加だった。体調は徐々に回復しているという。2人目は見学参加者。塩崎亨君の写真学校時代の同級生だという。この後の忘年会にも付き合った・・・。
s-SDIM5340.jpg
渋谷公園通りはすっかりXマスカラーへとなっていた。
s-SDIM5342.jpg

s-SDIM5348.jpg

s-SDIM5347.jpg

2017年度、写真研究会「風」の忘年会。参加者は10人だった・・・・。

 

◆暮れも後10日余りと押し迫ってきました。この歳晩になっても全国の優しいみなさまは、心遣いをしてくださり、深く感謝申し上げます。ありがとうございました・・・・。 合掌    日本お布施党 党首

☆長野 Hさま 干し柿「市田柿」  ☆埼玉 Nさま 奄美の黒糖焼酎「長雲」、ブランデーV・S・O・P1.8ℓ、大根の漬物、柚子  ☆東京 Uさま 静岡川根銘茶2缶  ☆埼玉 Tさま 日本酒1本  ☆神奈川 Sさま イナダの味噌粕漬け2匹分  ☆埼玉 Yさま 梅干し、大根の酢漬け  ☆香川 Sさま 純米吟醸生酒 中汲み「雨後の月」1升、うこん

 

s-SDIM5203.jpg

s-SDIM5197.jpg

s-SDIM5205.jpg

s-SDIM5317.jpg

s-SDIM5320.jpg

s-SDIM5311.jpg

s-SDIM5321.jpg

s-SDIM5327.jpg

s-SDIM5328.jpg

s-SDIM5324.jpg

s-SDIM5331.jpg

s-SDIM5333.jpg

s-SDIM5332.jpg

 

s-SDIM5166.jpg

 

s-SDIM5169.jpg

s-SDIM5170.jpg

s-SDIM5175.jpg

s-SDIM5176.jpg

s-SDIM5181.jpg

s-SDIM5183.jpg

s-SDIM5184.jpg

 

s-SDIM5186.jpg

s-SDIM5189.jpg

s-SDIM5190.jpg

s-SDIM5194.jpg

s-SDIM5161.jpg

 

このウェブサイトの写真作品、文章などの著作権は小松健一に帰属します。無断使用は一切禁止します。