写真家 小松健一・オフィシャルサイト / Photographer Kenichi - Komatsu Official Website

2020年8月アーカイブ

s-SDIM6659.jpg

渋谷センター街には、仙台で作られた七夕の飾り物がかけられ、コロナ感染をお祓いする催しが行われていた。8月2日(日)午後1時30分頃、渋谷スクランブル交差点方面を望む。

s-SDIM6683.jpg

s-SDIM6687.jpg

同人の眞月美雨さん(左端)は、9月4日から10日まで、銀座アートグラフで個展が決まっているので最終的な展示作品のセレクトや展示方法など詰めた。この3年間2万カットを超える撮影をしてきた中から200点余りを持ってきた。その中から45点を決定した。

また並木すみ江同人は、この間集中して約1か月間撮影した青梅市に伝わる「膳和倉」建立の中から、百数十点の作品を持ってきた。記録写真集を制作する計画が進んでいるという。写真集の骨子やイメージについて話し合った。

s-SDIM6681.jpg

s-SDIM6690.jpg

この日の例会は「風」始まって以来の参加者が僕をふくめて3人、後から1人が来るという最低の人数だった。事前に参加者が少ないことはわかっていたので中止という選択もあったが、数か月前から決まっており、会場費も支払い済みだった。何よりも参加するというメンバーいる限り例え1人でもやるというのが僕のスタンスである。

来れない会員たちには、2人は場所を都内でなく埼玉の森林公園に変更して別な日にすることになった。また、もう1人はオンラインを使っての例会とすることになった。地方の会員についても何か手当てを考えたいと思っている。

s-SDIM6691.jpg

渋谷勤労福祉会館の前にオープンしたパルコにできたピカチューのブロンズ像とともに。

s-SDIM6693.jpg

s-SDIM6695.jpg

2020年8月2日(日)午後5時頃の渋谷センター街。渋谷駅方面を望む。

s-SDIM6697.jpg

「風」の例会後の懇親会の常店は、「三平酒寮・渋谷店」。現在は3F、4Fはほとんど使用していないが、2Fは昔のままだ。考えてみれば、僕は1972年ころから通っている。そのたたずまいは48年前とほとんど変わらない。店長にその話をすると「僕はまだ生まれていませんでした・・・」。

s-SDIM6699.jpg

塩崎亨同人、「風」事務局長が写真学校の授業を終えて合流。4人と少なかったが、話は大いに盛り上がって愉快だった。気が付いたら約4時間いたが、その間一人のお客さんもなかった・・・。店長曰く「誰もいなくなると寂しいから帰らないでいてください~!」コロナ禍の影響は深刻である。

◆極暑、お見舞い申し上げます~!♡☆ 全国のみなさまのあたたかいお心遣いに、深く感謝し上げます・・・・。  合掌                       日本お布施党 党首

☆岡山・Hさま 岡山名産 白桃の箱詰め  ☆埼玉・Tさま トマト、ゴーヤー、ナス、インゲン豆など手作り夏野菜                    ♡本当に、ありがとうございました。

s-8.jpg

僕が写真に興味を持ち始めたころ。父・幸太郎、母・あや子、弟の修二と。上州の実家で(1963年)。父は68歳で病死、母は現在92歳で施設に入居し元気に暮らしている。

s-7.jpg

s-9.jpg

s-4.jpg

日本リアリズム写真集団(JRP)の新宿区四谷三丁目の事務所開きに、当時日本写真家協会会長をしていた渡辺義雄さんが来賓で見えた。出迎えをする田村茂JRP理事長(左)。2人は戦前からの親しく何度も共同の暗室や事務所を銀座などに構えている。(撮影:1974年)

s-6.jpg

当時JRPの事務局長をし、写真家協会の理事も務めていた丹野章さんと歓談をする渡辺さん。丹野さんが若い~!♡☆ まだ当時21歳だった僕に「小松君が今日の記録を撮りなさい~!」と突然、写真評論家の伊藤知己先生から言われ、頭が真っ白になったが、チャンスと思い引き受けた。

土門拳先生を真正面から撮ろうとしてカメラを構えたら突然、不自由な腕を上げて僕に何か叫んだ。僕は何か失礼なことをしたかと一瞬氷ついた。先生の指先がカメラの方だったのでよく見てみたら、なんとレンズキャツプが付いたままであった。僕が慌ててキャツプを外してペコっと頭を下げて、再びカメラを向けると優しい眼で笑ってくれた・・・。後に土門先生の名言に「名作を撮るにはまず、レンズキャップを外せ」というのがあることを知った。以来僕はレンズキャプをしたことがない。

s-5.jpg

来賓のあいさつをする渡辺JPS会長。左から写真家・土門拳さん、アートディレクターの太田英茂さんと。太田さんは戦前から知る人ぞ知る人。資生堂の広報担当していた時には、まだ無名だった木村伊兵衛さんの写真をポスターに使い一世を風靡した立役者でもある。晩年は信州で静かに暮らし、お亡くなりなった時には、小さな教会で厳かに野辺送りをしたと奥様から手紙をもらった・・・・。

s-SDIM6646.jpg

s-SDIM6632.jpg

s-SDIM6642.jpg

s-SDIM6639.jpg

s-SDIM6637.jpg

右から2人目が本の泉社の編集担当の田近裕之さん。新日本印刷の工場のスタッフと共に。

s-SDIM6658.jpg

表紙、表紙カバー、帯の刷り出し。

s-SDIM6649.jpg

本文と表紙周りをまとめたもの。上製本なので束は23mmになる。サイズは縦220mm、横160mmのA5判。写真は48点、僕が詠んだ俳句、短歌も散りばめられている。 装幀:宗利淳一

s-写真家の心 詩人の眼.jpg

◆「1984~2020 孤高の写真家、37年間の軌跡」が正しく、配布したチラシの記述が誤りでした。このチラシは訂正したもの。

このウェブサイトの写真作品、文章などの著作権は小松健一に帰属します。無断使用は一切禁止します。