写真家 小松健一・オフィシャルサイト / Photographer Kenichi - Komatsu Official Website

2017年12月アーカイブ

今月5日以来、家に籠っていた。風呂も人に会うわけではないので4日に入ったきり・・・。この間、ピースボートの忘年会(ノーベル平和賞受賞式に参加する人たちへの激励会も兼ねて。代表団に僕とフォトジャーナリストの新藤健一さんが編集をした『広島・長崎の原爆写真集』を託す)、伊奈信男賞・三木淳賞の受賞式、友人あらい舞さんのコンサートなどがあったがみな失礼した。ごめんなさい~!☆

籠っていたために仕事はいろいろとはかどった。たまっていたフォトコンテストの選評・総評原稿も進んだ。来春出版を予定している著書の編集やパンフレット、2月開催の写真展のDM作成やマスコミへのプレスリリースの原稿なども仕上げた。15日から始まる日本中国友好写真協会展のあいさつ文なども、他にもいろいろと・・・。つまりぼ~としていたわけではないのである。

s-SDIM5027.jpg
s-SDIM5034.jpg
エリンギ、エビ、パプリカの片栗粉炒め。
s-SDIM5022.jpg
この夜は、きのこを中心とした鍋。舞茸、椎茸、エノキ、しめじなど。中には生くずきり、さといも鶏ムネ肉なども入っている。
s-SDIM5150.jpg
揚げ麺にキャベツ、豚バラ肉のサラダ。胡麻ダレソースかけ。
s-SDIM5065.jpg
芝エビとパプリカと椎茸のオリーブオイルあっさり炒め
s-SDIM5057.jpg
京油揚げ、ナツメ、赤大根、ゆで卵の煮物。
s-SDIM5145.jpg
豆もやしとカボチャの蒸し物。
s-SDIM5147.jpg

らくだ肉と海苔のペペロンチーノ。

いよいよ本年5月に設立された日本中国友好写真協会の第1回目の公募展が開かれる。昨年までNPO法人チベット高原初等教育・建設基金会(ゲーサンメド)が開催してきたものを共催することになった。会長には何故か僕が選出され、理事長にはゲーサンメド理事長の烏里烏沙君が選ばれた。

s-tate_photo_2.jpg
s-tate_ate_1.jpg
2017年は日本中国国交正常化45周年の年である。この団体は、僕ら写真家が民族と国境の垣根を超え、民間交流を図り、日中両国の文化交流の”かけ橋”となること目指している。今回の写真展もその一環の企画・事業だ。来年は中国の大連市での企画写真展を考えている・・・。
(DMデザイン:塩崎亨  写真:伊藤洋佑)
s-171216会長パーティー.jpg
◆写真展会場のすぐ近くにある中華居酒屋「龍記」京橋・銀座店(03-5280-1322)で、大いに語り、交流を深めましょう。飲み放題付で会費は3,500円です。みなさんのご参加をお待ちしています・・・。 合掌

★日々、向寒に向かっています。みなさにおかれましてはくれぐれもご自愛くださいませ。みなさまの心温まるご厚情に感謝申し上げます・・・。  合掌           日本お布施党  党首

☆愛知・Hさま 讃岐 鎌田醤油商品詰め合わせ  ☆鹿児島・Mさま 奄美大島産養殖くるまえび
☆東京・Uさま らくだ肉の燻製

 

「光陰矢の如し」という言葉があるが、正に歳月の流れるのは早いと歳を重ねるとともに痛感する。2017年もあと3週間に迫った。12月は師匠も走り回るほど忙しい月ということから師走と言うのだとか・・・・。僕だけは家に籠っていることが多い。師走だけとは限らないが・・・・。

s-SDIM5045.jpg

12月1日午後4時から銀座クリエイトにおいて日本中国友好写真協会第1回公募写真展の展示作品のプリントをチェックをした。立ち会ったのは僕の他に、塩崎亨理事、眞月美雨理事の3人。終わった後に写真弘社に寄って渋井取締役と打ち合わせをした。その後、3人で勝田尚哉写真集『建設中。』(グラフィック社刊)出版記念写真展(恵比寿・アメリカ橋ギャラリー)のオープニングパーティに行った。

s-SDIM5050.jpg

勝田君(写真)は、JPS、APAに所属している写真家であるとともに一級建築士、一級建築施工管理技士の資格も持っている。彼とは20数年前からの付き合い。当時、僕がJRPの事務局長をしていたことから彼の作品を見る機会が多く、注目していたし、アドバイスもした。その当時からずーと建設現場に関わる写真を発表し続けている。今回の写真も通常撮ることが難しい建築、土木のアンダーコンストラクションの写真を大きく伸ばして展示していた・・・・。

s-SDIM5047.jpg

s-SDIM5052.jpg
写真家・塩崎亨君と写真家・眞月美雨さん。
s-SDIM5049.jpg

s-SDIM5054.jpg
僕と美雨さん。塩崎君と美雨さんは僕が主宰する写真研究会「風」の同人でもある。
s-SDIM5039.jpg

s-SDIM5041.jpg
今年の6月に一緒にチベットを旅した友人Kさん(左)に美味しい鮨屋に案内してもらった・・・。    合掌
s-SDIM5043.jpg
毎日、予約で満席になるという人気店。僕らに付いてくれた若い調理人。腕前は確かだった・・・。
s-SDIM5040.jpg
Kさんは、美雨さんの「桃源郷」シリーズのシルバープラチナプリント作品を購入してくれた。
s-SDIM5095.jpg
12月5日、俳句同人誌「一滴」の第197回新橋句会に今年はじめて参加し、その後行われた年間最優秀の授与式と忘年会にも参加した・・・。
s-SDIM5098.jpg
集中して句会の選句をする俳人・中原道夫選者。僕はこの句会に3句投句した。中原道夫選で入選したのは「黒々と冬の稜線北国道」(2点句)、「火照る身を晒してあゆむ冬満月」(5点句)、それに3点句だった「時代劇観つつ二人の根深汁」。ちなみに僕の俳号は「風写」である。
s-SDIM5099.jpg
岡井輝生代表が亡くなってから「一滴会(しずく)」の代表になった板見耕人さんと中原道夫選者。授与式と忘年会会場となった有楽町の割烹料理店で。
s-SDIM5105.jpg
2017年度の年間最優秀は、いみじくも代表の板見耕人さんに輝いた。おめでとう~!☆
s-SDIM5107.jpg

s-SDIM5116.jpg
以前同人だった写真家の飯島幸永さん(右)が久しぶりに忘年会に参加した。飯島さんが最近刊行した写真集『暖流』と以前に刊行した『寒流』を紹介する内田露光事務局長。
s-SDIM5114.jpg
中原さんが用事があって先に帰ると言うので早めの記念写真を撮る。この後2人が参加して今年の「一滴」忘年会は16名の参加だった。しかし、僕にはこの3月6日に突然亡くなった岡井輝生前代表の姿もはっきりと見えた・・・。 合掌
s-SDIM5118.jpg
元気な80歳代を先頭に銀座の2次会へと繰り出した・・・・。
s-SDIM5122.jpg

s-SDIM5125.jpg
店の”看板娘”だという上海出身のAさん。流暢な日本語話す。
s-SDIM5127.jpg
忘年会に遅れて来た新橋銀座界隈の顔役・柳沼宝海さん。年間最優秀を2点の差で取り逃がした。しかし、この日も「八十路来て冬眠の穴みつけたり」と「鬼柚子と妻の寝顔を比べたり」で中原道夫選で2句の特選を射止めている。会創設時からの大ベテランだ。
s-SDIM5134.jpg

s-SDIM5128.jpg
s-SDIM5129.jpg
喜代子ママと飯島さん。右上の額の写真は、ママが新橋界隈で踊り子として大人気を博していた頃の写真。美しすぎる・・・・。
s-SDIM5132.jpg
事務局次長の木下修さんとAさんと元シャンソン歌手でモデルもしていた片桐うららさんと・・・。
s-SDIM5141.jpg
「一滴会」の大黒柱・内田事務局長であ~る!!
s-SDIM5133.jpg
僕も数年ぶりにカラオケのマイクを握った・・・。そして銀座の夜は更けていった・・・・。

◆早、師走。極月、春待月などとも呼ぶ。さて、この時期になると心待ちとなるのは、全国からの優しい”お心使い”である。チョー貧乏写真家にとっては正に神様のお助けのようにありがたく、深く感謝している・・・・。 合掌                         日本お布施党  党首

☆香川・Fさま 新米10キロ  ☆東京・Fさま 缶ビール20缶詰め合わせ  ☆長崎・Yさま 奄美黒糖焼酎 一村・奄美の杜2本セット  ☆岡山・Tさま 瀬戸の逸品 開きさよりの塩干・みりん干  ☆東京・Kさま 高級干し椎茸「どんこ」  ☆香川・Sさま 讃岐細切りうどん包丁切り

◆本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。  合掌

 

 

このウェブサイトの写真作品、文章などの著作権は小松健一に帰属します。無断使用は一切禁止します。