写真家 小松健一・オフィシャルサイト / Photographer Kenichi - Komatsu Official Website

[no.2072] 2017年10月4日  眞月美雨写真展「桃源郷 The Iatest Paredise on earth.」(銀座ニコンサロン/10月3日まで)が1600人の入場者で成功の裡に終了し、引き続き大阪ニコンサロン(10月26日~11月1日)へ~!☆!☆!☆

眞月美雨さんの写真展は、初日の27日に400数十名、4日目の30日(土)には、300数十名の入場者が記録されたという。会期中の6日間での入場者数は合わせて約1600人となった・・・。これはニコンサロン担当者によれば、1回の写真展あたりの入場者が多くても1300人前後だという。それと比較すると久しぶりに多くのお客さんが足を運んでくれたと喜びを表していた・・・・。

s-SDIM4402.jpg

最終日の午後、突然入場された日本山妙法寺のラマ僧・浅井幹雄さんとネパールから修業に来ているネパール人女性のラマ。浅井さんはインドのマハーラシュトラ州にある仏舎利塔で布教活動を長年しており、明日4日にはインドへ戻ると言っていた。2人は美雨さんの作品世界に魅せられたようだ。・・・ ナマステ~!☆ ダンニャーバード~!☆

s-SDIM4396.jpg
勉誠出版株式会社社長の岡田林太郎さんも来てくれた。後ろの作品の中に写っている女性の面影が若かりし頃の奥様に似ていると驚いていた・・・・。この日朝一番に来場してくれたのは、公益社団法人日本写真家協会会長の熊切圭介さんだった。感謝します~!☆
s-SDIM4400.jpg
最終日の会場にも人はひきりなしに入っていた・・・。
s-SDIM4404.jpg
協同組合日本写真家ユニオンの坂本理事と写真の生徒さんと。坂本さんは、眞月美雨さんが同ユニオンの会員になる時の推薦・保証人だ。もう一人は僕がなっている。来月から信州・上田に喫茶店に写真ギャラリーを併設した店をオープンすると張り切っていた・・・。
s-SDIM4398.jpg
写真研究会「風」のメンバーである長谷川俊樹君。オープニングパーティーの記録担当を大久保美帆会員と2人でしてくれた。その時の写真データを持ってきてくれた。ありがとう~!☆ 近く長谷川君が撮り下ろした写真だけの大特集のブログをお届けしたい。お楽しみに( ^ω^)・・・。
s-SDIM4406.jpg
鹿児島の地方紙「南日本新聞」の記者からインタビューを受ける美雨さん。作品に対する熱い思いを語っていた・・・。
s-SDIM4409.jpg
20日間にわたる中国西北地方の取材から戻ったばかりの写真家・烏里烏沙君が最終日、ラクダの肉のお土産を持って来場してくれた。午後3時過ぎからの搬出作業が終了してから僕と3人で、ささやかな「お疲れさま会」を有楽町界隈で開いた・・・・。
s-SDIM4410.jpg
よく行く老舗居酒屋の刺身盛り合わせ。盛がオーソドックスで良い。美雨さんがマグロが好きなので鮭をやめてマグロを多めにしてもらったのである。
s-SDIM4413.jpg
この店ももう長く通っているガード下では老舗の居酒屋だ。大将と一緒に・・・・。
s-SDIM4414.jpg

 

実は午後4時から今年で開店80年となったビヤホール・ニュー東京からスタートした飲み方は、3軒のはしご酒だった。それも全て有楽町のガード下の店ばかり。結局終わったのは深夜11時を回っていた。気持ちが良かった成果づいぶんと呑んだのだ。僕と烏里君は電車のなかでは”爆睡状態”、お恥ずかしい限りである。でも、美雨さんはこれからが本当の意味の第1歩となる。 がんばれ~!☆

このウェブサイトの写真作品、文章などの著作権は小松健一に帰属します。無断使用は一切禁止します。